ブログ著者のプロフィールはこちら

「30代無職は死ぬしかない?」という質問に30代無職が答えてみた【私は自殺することにしました】

スポンサーリンク

30代の無職は死ぬしかないですか?

この先の人生が不安で夜も眠れません…

という質問・悩みに“同じく30代無職の私”が答えてみます。

なので、まあ、なんというか、あんまり参考にはならないと思うけど、時間のある時に暇つぶしがてら読んでみてくださいw

無職だからいつでも時間はあるよな?(最低)

joker
joker

ちなみにこの記事を書いている私自身は自殺するつもりで生活してます

※著者のプロフィールはこちら

スポンサーリンク

30代の無職はまだまだ余裕です【人生のスタート地点】

30代ってようやく人生のスタート地点に立ったかな?って年齢なので、正直、30代で無職だろうが個人的には全然まだまだ余裕だと思います。

30代の無職なんかこの世に腐るほどいるし、30代無職からフリーターとして働いて、仕事で役立ちそうなスキルを身に付けて、正社員で働くとか、自分で起業するとか、フリーランスで働くとかして暮らしている人も星の数ほどいるので、マジでそこまで悲観的になる必要はないです。

多分だけど、いま悲観的になっているのって「このままだとヤバいかもしれない!」とか「この先どうなるのかわからない!怖い!」とか「私みたいなやつは何をしても無駄だ…」みたいに、“先の見えない不安”や、“何も出来ていない自分への嫌悪感”という自己嫌悪みたいな感情が先行して、冷静に物事を見ることが出来ないモードに入っているからだと思います。

なので、まずあなたがやるべきことは“落ち着く”ことです。

何度も言いますが、30代なんてマジで人生の初期も初期、スタート地点でしかありません。

もっと極論を言ってしまえば、40代、50代でも足掻いていればどうにでもなるのが人生だったりするので、割と気楽に構えていればいいんじゃないかなと。

スポンサーリンク

意外と余裕で暮らせる日本という国

こんな言い方をすると少し気に障るかもしれませんが、私から言わせてもらうと、「30代で無職とかめちゃくちゃ余裕じゃん!何を悩んでいるの?」って感じです。

正社員で仕事が決まらないならば、アルバイトで働けばいいことだし、アルバイトの収入だけでもコスパの良いサービスが揃いまくっているこの世の中ならば、かなり贅沢な部類の生活も余裕で送れます。

日本は世界的にもかなり裕福な国なので、日本の中だけで貧富の差を見ると激しいように感じますが、他の国と比較すると、“年収150万程度でもめちゃくちゃ大金持ちの部類”に入っちゃうんですよ。

年収150万とか学生のアルバイトでも余裕で稼げる金額じゃないですか。

「えー、アルバイト? 今更フリーターはなぁ…」って嫌がる人もいるかもですが、むしろ逆に考えれば、“日本だったらアルバイトの仕事でも余裕で暮らせていける”ってことなんですよ。

30代無職で正社員を目指すのも全然良いと思いますが、個人的にはフリーターで生活していくのも悪くないんじゃない?って思ってます。

歳を重ねるにつれて年齢に適したアルバイトを選べばOKなわけだし、身体を壊したりして働けなくなったらそれこそ生活保護という“働かなくても金が貰える制度”を利用すればいいだけの話。

日本って意外と余裕で暮らせる国なのよねぇ。

スポンサーリンク

下には下がいるから自分を否定するな【俺を見ろっ!】

正直、「30代無職ぐらいのことで悲観するなよ、下には下がいるんだぜ?」って感じです。

この記事のタイトルにも書いてある通り、私は現在、自殺するということを決めて生活をしています。

今まで散々ポジティブな意見を述べてきましたが、これはあくまでもこの記事を読んでくれているあなたへのエールのようなものであり、私自身の人生の選択とはまた違う話なんですよ。

多分ですけど、30代無職とかで悩んでいる人って体や精神はある程度健康だったりすると思うんですよね。

もちろん病気や障害を持っている人もいるとは思いますが、その度合いは私よりも健常者寄りだと思います。

私の場合、体を壊しているので杖無しでは満足に動くことも出来ませんし、複数の精神科医から「あなたに社会復帰は無理です」「私の手ではどうしようもないので他の病院を紹介します」などと、精神が完全に狂ってしまっているというお墨付きをいただいちゃってますからねw

それに加え、反出生主義や反フェミニズム、自殺肯定派などの過激思想を持っていたり、小児性愛やX-ジェンダーなどの面倒なセクシャリティに関する問題を持っていたり、発達障害と知的障害と学習障害のトリプルコンボで文章の理解力も乏しいし、2ケタの計算もまともに出来ません。

普通に考えて、「ここまで色々と障害や病気を持っていれば何かしら特別な能力や才能が1つぐらいあるんじゃね?」と思っていた時期がありましたが、残念なことに私には何の能力も才能もありませんでしたw

しかも、『努力が出来る』という能力すらも持っていないので、“生まれながらにして最底辺を約束された超絶無能人間”であることが確定しているのです。

(*´ω`*)えへへ

とまあ、こんな感じで多分ですけど、私はあなたよりも格下の人間であり、あなたよりも存在価値の無いゴミクズであり、あなたより誰からも求められず愛されない存在なので、あなたはそこまで自分を否定したり、嫌悪する必要は無いと思います。

私がいる限り、あなたには存在価値が確実にあるということですから。

あ、ちなみにですけど、私は生活保護も障害者雇用も受けるつもりはまったく無いです。私みたいなクズが必死に働いて税金を納めてくれている方々のお金で生き延びるとかマジで申し訳ないので使いたくないんですよねw

スポンサーリンク

まとめ

30代で無職はまだまだ余裕のよっちゃんです(古いw)

アルバイトをしながらスキルを身に付けて正社員を狙ってもいいし、自分で起業してみてもいいし、フリーランスに挑戦してみるのもいいし、ずーっとアルバイトで生活していくのも全然OK。

まずは将来に対する不安を持つ自分を冷静に見つめて、落ち着くことからやればいいかと思います。

で、その次になんでもいいからアルバイトとか、ネットで出来る軽い仕事を探してみる等の行動を少しずつやっていくのがベストかなと。

何度も言うけど、とりあえずはマジで落ち着け。焦るな。暖かい緑茶とか飲め。

ってことで以上。

(‘ω’)ノ

この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
コラム・エッセイ
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました