ひとりが好きすぎることは悪いことではない【自分本意に生きろ】

スポンサーリンク

ひとりで過ごすのが大好きなんだけど、本当にこのままでいいのか少し不安な自分もいる……

周りの人たちはみんな友達付き合いとかしてるし、結婚して家庭を持っている人もいるから、自分もそうしたほうがいいのかなって考えちゃう……

というような悩み・疑問にお答えします。

結論としては、ひとりが好きすぎることは悪いことでもないし、不安になることでもないので悩む必要は無い!です。

自分が周囲と違って、ひとりが好きすぎる性格であることに不安を覚えるかもしれませんが、世の中には“ひとりが嫌いすぎる人”もいるし、“ひとりが好きすぎる人”もたくさんいるので、ひとりが好きすぎることは別に何も悪くないし、これといった問題も特にありません。

むしろ、周りに合わせて無理やり人付き合いをするほうがストレスを溜めて、苦痛で楽しくない人生を歩むことになってしまいます。

ひとりが好きすぎるのならば、それを徹底していくほうが人生の幸福度は高くなります。

スポンサーリンク

ひとりが好きすぎるのに周りに合わせるのは不幸の始まり

学校や会社にいる同世代の人たちを見ていると、友達付き合いをしていたり、恋愛していたり、結婚して家庭を持ち始めてたりなどしており、そういうのを見ていると、、、

  • 「自分もいつまでもひとりじゃなくて、人付き合いとかしたほうがいいのかな?」
  • 「たまには誰かと遊びに行ったりして交流を持つほうがいいのかな?」
  • 「恋愛したり、結婚して家庭を持ったほうがいいのかな?」

などと考えることがあると思います。

しかし、それはあくまでも他人の生き方や過ごし方や好みであり、自分が本心から望んだことではありません。

日本人は”周囲に合わせることが良いことである”と考える人が多く、”他の人と違うことをしている自分”に不安を覚える民族だったりします。

そのため、自分の本心から望んでいないことをしてしまうことが多々あるのです。

しかし、周りの影響から自分の生き方や過ごし方、好みなどを選択してしまうと、ストレスや疲労感が溜まりやすく、結果として不幸で楽しくない状態に落ちていってしまいます。

なので、周りがワイワイ楽しそうに人付き合いをしていたとしても、「自分はひとりのほうが断然楽しい!」と思うのならば、ひとりで好きなことをしていたほうが幸福な人生になることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

ひとりが好きすぎる人は対人ストレスに弱い

ひとりが好きすぎる人は他人が原因となるストレス、対人ストレスに弱い傾向にあります。

そのため、ひとりが好きすぎる人が無理して人付き合いをしてしまうと、かなりの高い確率でうつ病などの精神疾患を発症してしまいます。

こうなってしまうと、自分が本心から望んでやりたかったこと、楽しみにしていたことすらも満足に出来なくなるし、むしろ、メンタルクリニック(精神病院)へ通院する羽目になる可能性も……。

例えば、会社勤めの人が無理して飲み会などに参加したり、休日に同僚たちとどこかに行ったりなどの人付き合いを続けていると、ストレスが溜まってうつ病を発症し、最悪の場合は仕事を辞めざる終えないことになるパターンもあります。

しかも、その後に社会復帰をしようとしてもなかなか就職が決まらず、フリーターやニートのような生活を送ることになる、なんてこともよくある話です。

また、学生でも無理して人付き合いをしたせいで、自分が本来やりたかったこと(趣味や将来のための勉強など)が満足に出来なくなり、ストレスが溜まって体調を崩して、学校に行くこと自体が嫌になってしまうことも。

なので、対人ストレスに弱いひとりが好きすぎる人は、無理してまで人付き合いをする必要はありません。

自分がストレスを感じにくい過ごし方、生き方を徹底したほうが人生は楽しくなります。

スポンサーリンク

ひとりが好きすぎる人は最低限の人付き合いでOK

「無理してまで人付き合いをする必要は無い!」

とは言いましたが、学校や会社に属しているとなると、完全に人付き合いをゼロにすることは難しいですし、ある程度はコミュニケーションを取っておかないと、生活や仕事に支障が出ることもあります。

なので、最低限の人付き合いやコミュニケーションはしておくことをオススメします。

とはいえ、どこかに一緒に遊びに行くとか、飲みに行くなどの深い人付き合いやコミュニケーションをする必要は無いです。

あくまでも“最低限”なので、学校生活や仕事の業務上において、どうしてもやらなくてはならない場合だけで十分。

それ以外のプライベートな時間や行動まで拘束されるようなことは一切しなくてOKです。

学校や会社などのパブリックな環境では最低限の人付き合いをして、プライベートでは完全に徹底してひとりを満喫するという感じですね。

スポンサーリンク

まとめ:ひとりが好きすぎるなら、ひとりでいるべし

ということで、冒頭でも言いましたが結論としては、、、

ひとりが好きすぎることは悪いことでもないし、不安になることでもないので悩む必要は無い!

です。

自分が周囲と違って、ひとりが好きすぎる性格であることに不安を覚える気持ちはわかりますが、自分が本心から「ひとりのほうが好き!最高!」と思うならば、ひとりで過ごしたほうが良いです。

周りに合わせて無理やり人付き合いをすると本当にろくなことがありません。

「よそはよそ、うちはうち」です。

ひとりが好きすぎるのならば、それを徹底していき、ストレスフリーで楽しい人生を送ったほうがいいですよ。

(`・ω・´)b

joker

重度の精神障害と発達障害、HSP、小児性愛などを抱える無職歴10年以上の社会不適合者、犯罪者予備軍大将、無敵の人。

酒を飲みながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※上の“joker”という部分をタップするとプロフィールページに飛びます

jokerをフォローする
コラム・エッセイライフスタイル
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました