著者のプロフィールはこちら

漫画『明日ちゃんのセーラー服』4巻を読んだ感想・レビュー

スポンサーリンク

©Hiro2018 漫画 明日ちゃんのセーラー服 4巻 表紙より引用

可憐な少女たちが好きな人なら必見のフェチズムくすぐり系マンガ。

漫画『明日ちゃんのセーラー服』4巻を読んだ感想・レビューです。

なお、『明日ちゃんのセーラー服』の関連記事まとめはこちら▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

『明日ちゃんのセーラー服』4巻のあらすじ

番外編『あれって何だろう』

  1. プール掃除をする小路、兎原、四条の3人
  2. 更衣室で大きいサイズの水着を見つけて試しに来てみる小路と兎原
  3. 恥ずかしいという理由で着なかった四条だが、引き返してこっそりと試着してみるとピッタリだった

第20話『学園で話題のあの子』

  1. 後夜祭での演劇部によるステージパフォーマンスで舞台に上がる小路と木崎
  2. 木崎のピアノ演奏に合わせて踊り舞う小路、それに合わせて体育祭での様子が描かれる
  3. 体育祭の最中、ずっとみんなの応援をしていた小路のために、今度はクラスメイトたちが小路を応援する

第21話『ありがとう』

  1. みんなの声援を聞きながら舞う小路
  2. 体育祭での水泳リレーの様子が描かれながら、「ひとりじゃない」という自信を持つ小路
  3. 木崎はピアノからバイオリンへと楽器を変え、ステージはさらに盛り上がっていく

第22話『こみ』

  1. 体育祭でのバレーボール試合の様子が描かれる
  2. ボールへ必死に食らいつく小路は勢い余って顔面を強打してしまう
  3. それでもまだ熱意を持つ小路の想いをアイコンタクトで理解した鷲尾は、一瞬の判断で小路にパスを回す

第23話『みんなの後夜祭』

  1. 舞台上で見事な器械体操を決める小路
  2. 場面は体育祭でのバレーボール試合にて、鷲尾が上げたボールへと駆ける小路の姿へと移る
  3. 見事、アタックを決めた小路。そして木崎とのステージパフォーマンスも成功。体育祭は小路たち1年3組が優勝して幕を閉じた

第24話『大人っぽい?』

  1. 小路、兎原、四条の3人はショッピングモールへと買い物に来ていた
  2. 水着の試着をしたり、バスが来るまでの時間でお茶をしたりする3人。次は川へ遊びに行こうとする
  3. しかし途中で雨が降ってきてしまう。がっかりする小路に対し四条が“雨の中を水着で遊ぶ”という提案をし、3人は水着姿で駆けていく。

第25話『え?…一人よ』

  1. お姉ちゃん(小路)とお祭りに来た花緒は、クラスメイトたちと仲良さそうにしているお姉ちゃんにヤキモチを焼いて1人でどこかへ行ってしまう
  2. 一方、1人でお祭りに来ていた龍守はそんな花緒と出会い、仮面を欲しがる花緒のために上手な射的のやり方を教えてくれる
  3. 2人で協力して仮面をゲット。そこへ花緒を探していた小路がやってくるのだが、気恥ずかしい龍守はその場から逃げてしまう。花緒は龍守との楽しい時間をお姉ちゃんに自慢するのだった

谷川さんの写真フォルダ 明日小路1

  1. 谷川さんが撮影した小路の写真を見ている
  2. 木に登ったり、水を飲んでいたりする小路の写真が3枚
  3. かわいい

谷川さんの写真フォルダ 体育祭2

  1. 谷川さんが撮影した体育祭でのクラスメイトたちの写真を見ている
  2. 変顔をする大熊、休憩している神黙と古城、バイオリンの練習をしている木崎などの写真が8枚
  3. めっちゃかわいい

 

スポンサーリンク

『明日ちゃんのセーラー服』4巻を読んだ感想

ここからは私が実際に『明日ちゃんのセーラー服』4巻を読んで思ったこと・感じたことを書いていきます。

※多少のネタバレがあるかもしれませんのでご注意ください

明らかに狙っている1ページ目

4巻は最初の1ページに描かれている『目元を隠して指をくわえている小路』がエロすぎて、いきなり心をギューっと掴まれました。

後々、この場面はステージパフォーマンス中の振り付けのワンシーンであることがわかるのですが、それを最初に持ってくるというのはもう確信犯ですね。

しかも頬と唇だけに色を置くという扇情的な表現がこれまたエロスを増し増しにしています。

本当にありがとうございまます。

好きです(‘ω’)

 

四条さんのビキニ姿がとにかくエロい

プール掃除の最中に更衣室で水着を見つける小路、兎原、四条さんの3人。

サイズが大きくて小路と兎原はぶかぶかだが、あとで1人で試着してみた四条さんだけがピッタリ似合うという場面。

発育の良い四条さんのムッチリとした豊満ボディがたまらなく最高でした。

12ページの完全に着替え終えたあとの四条さんも良いんですが、個人的には11ページの着替えている途中が好きだなぁ(エロおやじ)

ローアングル(あおり)で大きなお尻が強調されているところも好きだけど、胸を抑えてトップを着ようとしている描写が一番好き。良いよねあの肉感が。

もうダメだ。四条さんはそうゆう目でしか見れなくなってくる。

これは薄い本も期待出来そうですな。

 

小路と木崎さんのステージパフォーマンス

小路の踊り舞う姿からはとても躍動感を感じます。

本作の特徴であるコマ撮りのような描写によって、本来静止画であるはずの漫画が映像のように感じられるほど流動性を帯びているように思えました。

また、繊細なタッチで細かく描かれている(主に木崎さん)ことが、全体の情報量を底上げしているため、絵というよりも映像というイメージで認識しやすいのではないかとも思います。

さらには、合間々に体育祭でのクラスメイトたちの激闘を挟みつつ、わかりやすく素早く展開させていくため、心地よい疾走感も感じられました。

 

バレーボール試合の場面はスローモーションに

小路と木崎さんのステージパフォーマンスの合間に描かれる体育祭での一場面である、バレーボールの試合。

飛び交うボールに必死に食らいついていくメンバーたち。

小路の一生懸命さに引っ張られながら士気を高めて挑んでいく姿が最高でしたね。

小路がこぼれそうなボールを体を張って取りに行き、顔面を強打してしまう場面は、マンガ内の出来事にも関わらず「あっ!えっ?小路っ!?」と思わず口に出してまで心配してしまいました。

そしてそのあとの鷲尾さんとのアイコンタクトからの連携プレイ。

小路の熱が篭った瞳を見た鷲尾さんの判断。

そこからの展開は一気に時間がスローモーションのように遅く感じ、鷲尾さんが上げたボールへと駆けていく小路の姿がめちゃくちゃカッコ良かった…!

高く飛び跳ねた小路が強烈なアタックを決める場面を、丁寧な描写と描き込みで4ページに渡って描かれており、まさに息を飲む緊迫感すら感じたほどでした。

この場面は本作の中でかなりの名シーンだと思いますね。

また、個人的には鷲尾さんと小路の関係性が進んでいるように見えるのも嬉しいところでした。

漫画『明日ちゃんのセーラー服』面白いと確信したベストシーン3選
©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻 表紙より引用 今回は『明日ちゃんのセーラー服』を読んで、 ...

 

3人の水着カットが良き

小路と兎原と四条さんの3人が一緒にショッピングに行き、水着を試着する場面。

4巻でカラーとして描かれているのは、後夜祭のステージパフォーマンス後の小路と木崎さんのカットと、なぜか3人の水着姿の場面なんですよね。

「博先生わかってるなぁ」って思いました。

ありがとうございます(*´ω`*)

 

小路の標準的な体型も良いし、兎原の控えめな体型も良いし、四条さんのムチムチボデーも最高。

最初のカットではよく見るタイプの水着を試着しているのですが、次のカット(カラーではないところ)に描かれている水着はどれもあまり見ないタイプの水着で、「先生はいろいろと描いてみたかったのかなぁ」と思いました。

「四条さんの水着は少し挑戦的すぎひんっ!?」とも思いましたけどね。

 

そしてその次のページの小路1人の大きなカット。

水着を着た後ろ姿にグッときました。

特に腰のくびれと、パンツスタイルの水着の上からでもわかるヒップラインが良きすぎてたまりませんっ。

あと表情ね。

頬を赤らめて大きな瞳でこちらを見つめる小路がもう可愛くて死にそうでした。

いや、死にました。

 

アイスから見える関係性

水着試着&購入後にバスが来るまでの時間でお茶をする3人。

オレンジジュースを頼む小路には「らしいな」と思い、アイスコーヒーを頼む兎原には「意外だな!?」と思い、メロンソーダを頼む四条さんには「お前太るぞ(‘ω’)」って思ったりしました。

でもって、個人的にすごく気に入っているところがありまして、それは“四条さんが残したアイスを小路が食べさせてもらうところ”。

バスが来るのでそろそろ向かおうとすると小路が「四条さんアイスのこってる」と言い、四条さんが「食べる?」と言いながら小路に食べさせてくれる場面なんですが、なんだかこの場面がめっちゃ好きなんですよねぇ。

アイスが乗ったスプーンをパクッとする小路が単純に可愛いというのもあるのですが、“友達との関係性”が深まっているように感じられる描写でもあるため、

「小路に友達が出来たぁ(´;ω;`)」

って改めて感動しちゃう感じ?

言ってることわかる?

伝われぇこの感情ぉ。

 

雨の中を駆ける水着姿の天使たち

川に遊びに行こうとしたけど雨が降ってしまい、しょんぼりしている小路を見た四条さんが提案し、水着姿で雨の中を遊びながら駆けていく場面。

森や山道らしきところではしゃいでいる3人を見ていて「楽しそうだなぁ」と思いつつも、「年頃の女の子が水着姿で出歩くってどうなんだろ?」とも思いました。

いくら田舎を舞台にしているとはいえ、お年頃の少女が水着姿で外を出歩くというのはいささか現実的ではないように思えます。

「まあ漫画だし」って言われたらそれまでなんですけど、リアリティな心理変化の描写があるような作品でもあるので、そことの差が感じられて少しだけ違和感を感じてしまう作りになっているような気がするんですよね。

はい、すんません偉そうに言ってしまって(´-ω-`)

でもね、普通に「青春っぽいなー」とも思った良い場面でもあるんですよ。

個人的には嫌いではないし、むしろ好きな場面です。

ただ客観的に見ると「むむむ…?」と思っちゃうよねって話。

 

126ページで3人が円を描いて舞っているような絵がありますが、雨上がりの雲の合間から陽の光が差し込んでおり、まるで天使たちが舞っている花園のような雰囲気を感じました。

また、この回では

  • 古城さんの反応
  • 木崎さんと龍守の会話
  • 苗代さんと鷲尾さんの小路たちへの優しい眼差し

が個人的にどれも好きですね。

特に龍守のタンクトップ姿を見た時は「ガタッ…!」と何故かその場でいきなり立ち上がってしまいました。

興奮したのかな?(変態)

 

可愛すぎる花緒ちゃんとカッコいい龍守

花緒ちゃんの視点で描かれている回。

小路と一緒にお祭りへ行くも、クラスメイトたちに呼び止められて仲良さそうに話しているお姉ちゃんに軽くヤキモチを焼く花緒ちゃんが最高に可愛い。

花緒ちゃんが龍守と出会って色々と仲を深めていく様子も良かったですし、龍守の意外な一面というか、子供らしい表情のようなものが見れたところも良かったですね。

特に仮面を自分の手で取りたがる花緒ちゃんのために、「取り方教えてあげる、いくつ欲しい?」という場面がカッコよくて可愛くて一気に龍守が好きになりました(さっきのタンクトップ姿の時点で十分好きになってたけど)

 

小路と再会した花緒ちゃんと、恥ずかしさからその場を去ってしまう龍守。

「明日姉妹なんなのよ…」と照れる龍守も可愛いし、お姉ちゃん(小路)の前で龍守のことを「あいちゃん」と仲良さそうに呼んで、お姉ちゃんのヤキモチを煽るを花緒ちゃんも可愛い。

特に155ページ5コマ目のニンマリ顔な花緒ちゃんの表情が良いよね。

 

また、個人的に大好きな花緒ちゃんと鷲尾さんの絡みも見れて良かった。

鷲尾さんに持ち上げてもらって喜ぶ花緒ちゃんとなぜか無表情な鷲尾さん。

やっぱりこの2人の絡みは最高に萌えるよなぁ…!

もっと描いてください博先生っ!!!

 

谷川さんの撮る写真が良すぎる件

4巻の最後には谷川さんが撮影したクラスメイトたちの写真が載っている。

最初のページで谷川さんがPCの前に座っている後ろ姿の絵がなぜかすんごく好きなんですよねぇ。

なぞの“ちょこん感(ちょこんと座っている様子)”というか、背もたれを使わずに少し前のめりなところというか、手をお尻の下に置いて挟んでいるところというか……。

その次のページ(158ページ)の表情もめっちゃ好き。

わかるかなぁ、ここの谷川さんの魅力。

 

で、写真なんですが、マジでどれも良い写真ばかりで、谷川さんの撮影スキルの高さに舌を巻きました(「ただの絵じゃねえか」というツッコミは無粋だぜ)

個人的には

  • 根子ちゃんと古城さんのツーショット
  • 蛍ちゃんをおんぶしている小路
  • 苗代さんと鷲尾さんのツーショット

の3枚がお気に入りです。

 

特に苗代さんと鷲尾さんの写真はヤバい。

他の記事でもよく話している2人の“夫婦感”が最高に萌える。

苗代さんが奥さんで、鷲尾さんが旦那って感じで捉えると、めちゃくちゃ萌えすぎて狂おしいほどこの2人を愛してしまう。

2人の真ん中に花緒ちゃんを置けば、もう家族の完成ですやん。

ああっ!苗代さんと鷲尾さんが花緒ちゃんと過ごす回とか見てみたいぃぃぃ!!!

なにかの流れで花緒ちゃんが2人のところで少しお世話になる感じの話を見てみたいぃぃぃ!!!

 

スポンサーリンク

まとめ

4巻は体育祭でのクラスメイトたちの活躍や激闘を、小路と木崎さんのステージパフォーマンスに乗せて描いていく疾走感のある巻でしたね。

後半には水着と浴衣も楽しめるし、龍守の意外な一面や花緒ちゃんのめちゃんこ可愛い様子も見れて最高でした。

谷川さんが撮影してくれたクラスメイトたちの写真のおかげで、まだあまりスポットが当たっていない子たちの性格というか、キャラクターが少しだけわかってきたところも良かったですね(主に大熊と平岩)

『明日ちゃんのセーラー服』に関するその他の情報が知りたい人は、『情報・関連記事まとめ』をどうぞ▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
マンガ明日ちゃんのセーラー服
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました