著者のプロフィールはこちら

漫画『明日ちゃんのセーラー服』こんな人にはおすすめ出来ない…【4つの特徴】

スポンサーリンク

漫画『明日ちゃんのセーラー服』の大ファンである私は以前、

という記事を書きました。

しかし、今回この記事では逆に「こんな人にはおすすめ出来ないなぁ……」という人の特徴について紹介していきたいと思います。

まだ読んでいない人の参考になれば幸いです。

なお、『明日ちゃんのセーラー服』の関連記事まとめはこちら▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

『明日ちゃんのセーラー服』をおすすめ出来ない人の特徴

1:「みんな仲良し!」みたいな人間関係が苦手

本作の登場人物はみんな”人の良いキャラクター”ばかり。

性格の悪い子や人を騙すような子などの”悪い人間性を持っているキャラクター”は一切登場しません(7巻:2020年8月現在)

主人公の明日小路(あけびこみち)は、クラスメイトたち全員と仲良くなろうと積極的に友人関係を築こうと行動をします。

そんな小路のアクティブで大胆な行動に周囲の子たちは魅了されていき、徐々に仲の良い友達へと関係が発展していきます。

本来というか、もっとリアリティな設定の物語や世界観ならば、主人公の積極的な行動を冷めた目で見るようなキャラクターがいてもおかしくはない、むしろそのほうが自然とすら思えます。

しかし、本作はそのようなキャラクターが存在せず、みんなが主人公の小路を中心に”仲良しグループ”を形成していくのです。

登場する人物が全員”良い人”ばかりで、「みんな仲良し!」みたいな世界観やキャラクター設定が苦手な人には、あまりオススメ出来ませんね。

 

2:純粋すぎるキャラクターが苦手

主人公の明日小路(あけびこみち)は、自然豊かな田舎で育ち、同年代の女の子たちとほとんど関わることなく小学生時代を過ごしてきました。

そのため、他の女の子たちより行動が大胆・アクティブで、基本的にはどんな状況でも明るく振る舞っています。

物事に関しての感動や感受性が人一倍高いキャラクターでもあるようで、本作を読んでいると、ややオーバーだったり、違和感を覚えるほどの”純粋すぎる言動”が見て取れます。

主人公以外のキャラクターはほど良い設定で描かれているのですが、本作は”主人公絶対主義”という感じで、何をするにしても主人公がみんなに憧れられる対象として描かれているため、どうしても”主人公の純粋性”が前面に出てきてしまっています。

リアリティのある人間らしいキャラクター像が好きな人には、少々、違和感を感じざる負えないかもしれません。それぐらい純粋すぎるのです。

まあ、私個人はそんな小路が好きなんですけどね。

 

3:内容がライト(軽い)なストーリーが苦手

「みんな仲良し!」なキャラクターばかりで構成されているため、当然のように物語自体もそこまで大きな起伏やどんでん返しがあるようなものではありません。

先ほども言ったように本作は”主人公絶対主義”なので、ほぼ全てにおいて主人公が周囲に好かれて、周囲に良い影響を与えて、みんなが幸せな良い形で展開していき、そのまま終わるような流れになっています。

中には過去にイジメを受けていた子(兎原さん)、周囲から仲間外れにされていた子(龍守さん)など、シリアスな展開が発展しそうなキャラクターもいますが、今のところ(7巻:2020年8月現在)は少々触れたくらいでそこまで深堀りされることなく、意外とあっさりな形で話を終えています。

やはり、作品のコンセプトとしては”セーラー服と女子中学生たちの青春&色気”を念頭に置いているように思え、影のあるエピソードはそこまで大々的に描かれることはないのかなぁ、という感じです。

全体的に”軽くて・癒されて・少しエッチ”な感じの作品なので、ライトなストーリーよりも、重厚な物語が好きなタイプの人にはあまりオススメ出来ないかな、という印象です。

 

4:少女の色気やエロティックな描写が苦手

本作は年頃の女子中学生がメインとなっている作品ですが、至る所に“少女の色気”を感じさせるようなフェチズムを刺激してくる魅惑的な描写が描かれています。

私個人としては、作者さんの圧倒的な画力と鋭い観察眼、徹底された少女の魅力への探求心などに感心するばかりですが、人によってはこのような”少女のエロティックな描写”に対して不快感を感じるようです。

実際にGoogleなどの検索サイトで『明日ちゃんのセーラー服』と入力すると、

  • 明日ちゃんのセーラー服 気持ち悪い
  • あけびちゃん 気持ち悪い

などの検索候補が出てきます。

さらにそれを調べてみると、

  • 「ロリコン向けの気持ち悪い作品」
  • 「作者のフェチズムが前面に出ててキモイ」
  • 「未成年の下着のラインに対するこだわりが怖い」

などの否定的な意見も確認できます。

正直、もっとキワドイ未成年の性的な描写がある作品を愛読している私からすると、本作に描かれているのは”ストレートなエロ”ではなく、成長していく上で普通に確認できるレベルの”自然な色気”程度なものだと思います。

しかし、普段そのような作品を読まない世間一般の方々からすると、本作もあまり良い印象は持たれにくいようです。

ですので、少女の性的(に見える)描写に対して不快感を覚える方にはオススメ出来ません。

詳しくは『漫画『明日ちゃんのセーラー服』気持ち悪いと評価される理由をまとめてみた』でも解説しているのでご覧ください▼

漫画『明日ちゃんのセーラー服』気持ち悪いと評価される理由をまとめてみた
©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻 表紙より引用 Googleの検索窓に「明日ちゃんのセーラー服」...
スポンサーリンク

まとめ

記事は以上です。

もう一度内容を軽く振り返ってみましょう。

◆こんな人にはおすすめ出来ない…【4つの特徴】

  1. 「みんな仲良し!」みたいな人間関係が苦手
  2. 純粋すぎるキャラクターが苦手
  3. 内容がライト(軽い)なストーリーが苦手
  4. 少女の色気やエロティックな描写が苦手

本作の大ファンである私としては、少しでも多くの人に読んでほしいと思ってはいますが、やはり人には向き不向き・好き嫌いがありますからね。

実際に作品を読み込んでいる私が考えるに、今回紹介した以上の方々にはあまりオススメは出来ないかなぁという感じです。

しかし、この記事をきっかけに「逆に興味がわいた!」という人は、書店で作品を購入するか、もしくは『漫画『明日ちゃんのセーラー服』感想・レビュー【少女観察系マンガの頂点】』を読んでみてくださいませ▼

漫画『明日ちゃんのセーラー服』感想・レビュー【少女観察系マンガの頂点】
©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻 表紙より引用 可憐な少女たちが好きな人なら必見のフェチズムくす...

『明日ちゃんのセーラー服』に関するその他の情報が知りたい人は、『情報・関連記事まとめ』をどうぞ▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
マンガ明日ちゃんのセーラー服
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました