グルミクをプレイしたらプロセカが上達した話【実体験から語ります】

スポンサーリンク

iOS D4DJ Groovy Mix アプリアイコンより引用
iOS プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク アプリアイコンより引用

私はほぼ同時期にリリースされた、

  • D4DJ(グルミク)
  • プロジェクトセカイ

を遊んでいるのですが、ある時からプロセカよりもグルミクのほうが楽しくなってしまい、ほとんどプロセカを触っていない日がありました(ログボとオートプレイだけやってたけどw)

そんな中、ある日プロセカを久しぶりにやってみると、“何故かめちゃくちゃ簡単に感じるようになっていた”のです。

よく音ゲー界隈では、「なかなか上達しない時は一旦距離を置くのも良い」というような言葉があるので、最初は「久しぶりにやったから良い感じでプレイ出来たのかな?」と思っていました。

しかし、その後もプロセカをプレイしている時の感覚からは“距離を置いたことによる上達”というよりも、“プロセカ自体が簡単に思える”という感覚だったのです。

つまり、“グルミクをプレイしたことによってプロセカが簡単に思えるようになった”のではないかと。

ということでこの記事では私の実体験から、

  • グルミクをプレイしたらプロセカが上達した理由
  • グルミクをプレイしたあとにプロセカをやると簡単に思える現象

について書いていきます。

あくまでも私個人の感覚によるものなので、必ずしもグルミクをプレイしたらプロセカが上手くなるという補償はありませんのであしからず。

プロセカの上達に行き詰っている人は参考程度にどうぞ。

(`・ω・´)b

スポンサーリンク

グルミクをプレイしたらプロセカが上達した理由

1:処理能力が上がった

グルミクは他の音ゲーと比べると“やることが多い”です。

一般的なノーマルノーツやロングノーツに加え、スクラッチやスライダーの操作という特殊な動きも必要になってきます。

難易度が上がってくると、スライダーを左右の手で持ち変えながら通常のレーンに流れてくるノーツを処理して、さらには連続スクラッチにも対応しなければなりません。

最初は難易度ノーマルですらフルコンが取れませんでしたが、毎日プレイし続けることで今では最高難度のエキスパートでフルコンが取れるようになってきました。

これだけやることが多い音ゲーをやり続けたことで、おそらくですが、音ゲーに対する基本的な処理能力が向上したのではないかと思っています。

そして、プロセカはグルミクのような特殊な動きを必要としない“一般的な音ゲー”なので、そこまで高い処理能力は必要なく、グルミクよりも簡単に感じたのではないかと。

 

2:マルチタスキング力が上がった

処理能力を“行うべき行動を素早く認識して的確に動く能力”だとすると、マルチタスキング力(りょく)は“複数のことを同時に行うことが出来る能力”という感じですね。

グルミクは特殊な動きをすることが多く、スライダーの位置を意識しながらノーツを処理する必要があるので、同時に2つ以上のことを考えながら動かなければなりません(慣れてくると無意識に出来ますが)

なので、マルチタスキングの能力も少しは向上したんじゃないかなぁと思っています。

その分、プロセカは同時に複数のことを考える必要がほとんど無いので、グルミクをやったあとにプレイすると簡単に思えるのかなと。

 

スポンサーリンク

グルミクをプレイしたあとにプロセカをやると簡単に思える現象

1:意識を割く部分が少ないから楽

何度も言っていますが、グルミクは他の音ゲーと比べると色々とやることが多いです。

やることが多いということはそれだけ“意識を割く部分”が増えるということになります。

ノーマルノーツとロングノーツに加え、スクラッチとスクラッチロング、さらにはスライダーまであるため、慣れるまではマジで頭がパニックになりますw

初めて難易度エキスパートをやった時とか、ワケワカメちゃん過ぎて

「うわああああああ( ゚Д゚)」

ってなりましたからね(即死)

ですが、プロセカは一般的な音ゲーと同様にノーマルノーツ、ロングノーツ、フリックしか無いので、意識を割く部分がグルミクよりも少なくて済みます。

グルミクをやったあとにプロセカをやると「あれ?簡単だなぁ」と感じるのは、“意識を割く部分”が少ないからではないかと。

 

2:ノーツの流れるリズムが一定だから楽

グルミクには、スクラッチとスクラッチロングというノーツがあります(名称は勝手に付けましたw)

画面両端のレーンにのみ流れてくる特殊なノーツで、これを取るとスクラッチ音が鳴ってフロアを盛り上げるDJ気分が楽しめる最高のギミックノーツになっているのですが、その特殊性にはもうひとつだけ特徴があるんです。

それは、“ノーツを取ると通常レーンに流れているノーツが一時的に停止する”というもの。

この一時停止という特徴は個人的には好きなのですが、一般的な他の音ゲーよりもリズム感が少し異なってくるため、上手く取ることが出来ずに判定が下がったり、コンボが切れたりなどの事故が起きやすいのです(慣れればめっちゃ楽しいけど)

それに比べてプロセカは常に“一定のペース・リズムでノーツが流れる”ので、グルミクの特徴的なリズムに慣れていると、簡単に感じるのだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:プロセカをやっている人にはグルミクもおすすめしたい

私個人の体験から考えると結果として、プロセカの上達のためにグルミクをプレイするのは結構オススメって感じですね。

グルミクは慣れるまではマジでパニックになるけど、出来るようになってくると最高に楽しいです。

もしかしたらプロセカよりもハマってしまう可能性もありありなので、興味のある人はぜひともグルミクをプレイしてみてくださいまっせ。

(`・ω・´)b面白いぞ!

D4DJ(グルミク)のレビュー記事はこちら▼

ゲーム『D4DJ Groovy Mix(グルミク/iOS)』感想・レビュー【DJプレイが最高の音ゲー】
iOS D4DJ Groovy Mix アプリアイコンより引用 スクラッチやスライダーなどのDJ要素を盛り込んだ本格的...

D4DJ Groovy Mix(グルミク)

D4DJ Groovy Mix(グルミク)
開発元:Bushiroad Inc.
無料
posted withアプリーチ
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
D4DJ(グルミク)ゲームコラム・エッセイプロジェクトセカイ
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました