著者のプロフィールはこちら

ゲーム『メイドさんのいる暮らし(PS4)』感想・レビュー【年上メイドとイチャラブ生活】

スポンサーリンク

PS4 メイドさんのいる暮らし パッケージ表より引用

自宅と職場の往復、家に帰っても誰もいない寂しい生活を送る主人公のもとに、ひとりの年上メイドが現れ、最高の癒しを与えてくれる日々が始まる―――。

『メイドさんのいる暮らし(PS4)』の感想・レビューです。

  • 仕事や学業に疲れている人
  • メイドさんにご奉仕されたい人
  • 年上のメイドさんに甘えたい人
  • メイドさんとイチャラブしたい人
  • メイドさんの甘い言葉に脳内を蕩けさせてほしい人

にオススメの作品です(‘ω’)ノ

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

PS4『メイドさんのいる暮らし』とは?

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

ジャンル メイドさんに心から癒される日常恋愛ADV
対応機種 PS4(PC用にアダルト版あり)
ブランド あざらしそふと
原画
yaman**
シナリオ
栗栖
ディレクター
柚坂みる
企画・統括
あおきゅん
発売日 2020年2月27日
価格
2480円(税別)
概要・あらすじ
新年の賑やかさも落ち着いてきた、1月上旬。

珍しく雪が積もった日に、主人公「北見 佑馬」は自宅の前で行き倒れている年上の女性と出会った。

彼女の名前はイヴ。

家と職場を往復する毎日、『恋』に出会う機会もなく、家に帰っても誰もいない寂しい毎日を送っていた主人公に、メイドの衣装を身に纏ったイブは語る。

「本日よりこちらで、ご主人様の日々の生活に『癒し』を感じて頂けるよう、勤めさせていたきます」

日々に疲れた『ご主人様』と、主人に癒しを与える『メイド』のドキドキに満ちた一つ屋根の下での『ふたり暮らし』が始まる。

(引用 – あらすじ|メイドさんのいる暮らし/公式サイト)

メイドさんのいる暮らし 通常版(PS4)
Amazon 楽天市場
セブンネット Yahooショップ
公式サイト(18禁版)
スポンサーリンク

PS4『メイドさんのいる暮らし』遊んでみた感想

普段はあまりギャルゲーやエロゲーを遊ばないのですが、何かのきっかけで本作の存在を知り、興味が出たので購入しました。

というか、パッケージに映っているヒロインに一目惚れしたという理由もあるので、パケ買いって感じでもありますね(笑)

※ちなみに本作は元々18禁のアダルトゲームであり、それを一般向けに修正したものになります

 

本作は『メイドさんに心から癒される日常恋愛ADV』というジャンルなのですが、プレイしてみた感想としては、ADV(アドベンチャーゲーム)というよりも、サウンドノベルっぽいなぁという印象です。

選択肢が一切無いので(正確には最初に1回だけある)、プレイヤーはただ丸ボタンを押しながらテキストを読み進めていくだけになります。

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

なので、プレイヤーの介入によってシナリオが変化するといったことは無く、すでに決まっているストーリーを淡々と味わっていくという感じのゲームですね。

 

ストーリー(シナリオ)は、ある日、メイド姿のイヴ(ヒロイン)が道端で倒れているのを見つけた主人公が自宅で看病をし、そのお礼としてイヴがメイドとして主人公に仕えるというもの。

メイドとして仕えるまでの流れはやや強引な気もしますが、その後の展開を見えれば「ああ、なるほどだからか」と一応は納得出来るようになっています(それでも無理矢理な気もするけどw)

プレイヤーは仕事ばかりの毎日に疲れ切っていた主人公に自分を重ね、美人なメイドであるイヴに癒してもらう日々を楽しんでいくという感じですね。

 

イヴのキャラクターは、しっかりとしていて落ち着いた印象のあるお姉さんなメイド。

なので、プレイヤーとしてはやや年下として、甘えていくような心持でプレイするのが良いかと。

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

ただ、ストーリーが進行するにつれて、2人の関係性が親密なものに変化。

すると、お姉さんなメイドから、やや年下に感じられるほど向こう(イヴ)のほうが甘えてくる場面が多くなっていきます。

こちらも甘えて、向こうも甘えてくれるというイチャラブなシーンが増えるので、プレイしていると自然と顔がニヤけてきてしまいます(*´ω`*)

キスシーンとかもうめちゃくちゃエッチでしたよ。ぐふふ。

 

全クリアにかかった時間は約4時間ほど。

イヴがめちゃくちゃ可愛くて常に癒されっ放しではありましたが、シナリオはシンプルで、特にこれといった見せ場・起伏・緩急などは一切ないものだと思ったほうがいいですね。

まあ、『メイドさんに癒してもらう』というコンセプトのゲームなので、そこまで凝った作りのシナリオは必要なない、という感じでしょうか。

また、個人的にはひとつだけ気になった点がありました。

それは“主人公の姿が描写されている”こと。

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

ギャルゲーやエロゲーなどの恋愛シミュレーション系では、基本的に主人公を明確に描くことはほとんどありません。描いてあったとしても身体だけだったり、顔には暗く影が差している等、明確にキャラクター付けることはないのです。

その理由は“プレイヤーが主人公に自分を重ねて追体験させるため”だったりします。

しかし、本作には中盤以降に主人公の姿が一枚絵のCG(イラスト)に堂々と描かれているため、プレイヤーは主人公を自分として認識しづらくなっているのです。

主人公とヒロイン(イヴ)が濃厚なキスをしている様子を、プレイヤーは“無関係な第三者”として傍観している、という状況になってしまうというわけです。

この点については、開発元の『あざらしそふと』さんの作品に見られる特徴なのかどうかは、他の作品をプレイしていないのでわかりかねますが、個人的には気になりました。

ただ、イヴが最高に可愛いので「まあいいかな」という感じですね。

 

個人的には本作(正確にはヒロインのイヴ)が気に入ったので、18禁のアダルト版も購入してプレイしてみようと思います。

その際はそちらのレビュー記事も書くつもりです。

 

スポンサーリンク

PS4『メイドさんのいる暮らし』の魅力的なポイント

ここからは私が実際にプレイをして、魅力的だと思ったことを書いていきます。

※ネタバレがあるので注意してください

1:脳内に染み渡るイヴの声

ヒロインであるイヴの声が個人的にはすごく好みでした。

やや年上に思えるしっかりとした声色も良いのですが、関係性が進んでいく中で徐々に甘えてくる時の“あの声と喋り方”が最高。

特に膝枕で耳かきをしてもらう場面での“耳元で優しく囁いてくれるところ”は、脳内に直接吐息をかけられているかのように感じられて、ゾクゾクっときてしまいました(*´ω`*)

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

プレイする時はイヤホンやヘッドホンをつけることをオススメします(笑)

スピンオフとか派生作品で『メイドさんのいる暮らし-ASMR-』とか出してくれないかなぁ。

 

2:徐々に学んでいくイヴの姿が良い

実は人工生命体でしたという設定自体はありがちなものですが、声優さんの演技力も相まって、イヴが徐々に感情を覚えたり、それに戸惑ったりしている様子がすごく愛らしかったですね。

恋の症状に見舞われて、ご主人様(主人公)の顔がまともに見れないところ等、本当に可愛かったです。

 

3:感情が抑えられないイヴが可愛い

ご主人様への愛が止まらないイヴが、その感情を処理しきれずにあたふたしている様子が良かったです。

普段はしっかりとしているキャラクターが、どうすればいいのかわからない状況に動じている様子は、まさにギャップという感じで好印象が持てますからね。

ご主人様がソファで寝ている時に、勝手にキスをしてくるイヴがめちゃくちゃ可愛いし、それがバレた時に慌てるイブもめちゃくちゃ可愛かったなぁ。

 

4:イヴがいる日常に不安を覚える

本作を遊んでいると途中で「主人公が仕事から帰宅したらイヴがいなくなってるとか無いよね…?」と、不安に思っている自分がいました。

ゲームのコンセプト上、シリアスな展開は無いだろうとは思っていましたが、もしかしたらイヴがいなくなってしまう的なイベントがあるんじゃないかなぁという不安で、主人公が帰宅する度にハラハラしてました(笑)

メイドさんのいる暮らし(PS4)より引用

それぐらいにイヴに入れ込んでしまっていたのだと思います。

帰宅して玄関でイブが待っていてくれた時の安心感が半端なかったです。「よかったぁぁぁイブがいたぁぁぁ(ノД`)」って毎回なってましたからね(笑)

イヴ無しの生活とか考えられないっ!

 

スポンサーリンク

PS4『メイドさんのいる暮らし』の微妙なポイント

ここからは私が実際にプレイをして、微妙だと思ったことを書いていきます。

1:表現が過剰・使い回しが多い

特に料理に関する部分は、違和感を感じるほどくどい言い回しになっているように思いました。

「普通の人間がそこまで料理に関して詩的・説明的に表現するか?」という感じ。

また、主人公がイヴの胸に対して抱く感想が毎回言葉は変えているものの、基本的には言っている内容が全て同じで正直「しつこい」と感じちゃいましたね。

まあ、これはギャルゲー全般に言えることでもあると思うので、言っても仕方がないことですが、あまりギャルゲーをやらない自分にとっては少々目についたところですね。

 

2:選択肢がない

ギャルゲーには選択肢があって、プレイヤー次第でシナリオが異なる展開をしていくものだとばかり思っていましたが、どうやら作品ごとに特性が分かれているらしいことに本作をプレイして気が付きました。

本作には選択肢が一切なく(正確には一番最初に1回だけあるが)、プレイヤーは淡々と進んでいくシナリオをただ丸ボタンを押し続けながら見るだけになっています(もしくはオートモードで鑑賞)

公式にはADV(アドベンチャーゲーム)というジャンルとして明記しておりますが、どちらかというとADVの中のいちジャンルである“サウンドノベル”に分類される作品だと思いました。

 

3:主人公の姿も描写されている

本作の中盤あたりまではヒロインであるイヴだけがイラスト等で描写されていますが、とあるイベントではいきなり主人公の姿が一枚絵のCGカットの中に描かれて登場します。

この手のゲームでは主人公はあくまでも“プレイヤー自身”であることが良しとされているものだと思っていましたが、本作では主人公の姿が明確に描写されてしまっているため、プレイヤーは“第三者”として主人公とヒロインの恋愛模様を眺めているような立場に置かれてしまいます。

『メイドさんに癒してもらう』というコンセプトが売りならば、プレイヤーに第三者の目線を持たせるような作りはいかがなものかと思いました。

しかも中盤までプレイさせてからこの展開なので、余計に「むむむ……」と少々不満を抱いてしまいましたね。

 

4:CG(一枚絵イラスト)が少ない

クリア後にはプレイ時のCG集を見ることが出来るようになるのですが、その数は全部で12枚と少々少なく感じます。

本作は元々18禁のアダルトゲームであり、それを一般向けに修正して販売されたものなので、ボリュームが減ってしまうのは仕方がないとは思います。

ただ、シナリオの起伏等から考えるとプレイヤーに“魅せるような場面”があまりにも少ないのではと感じます。

シナリオはそこまで凝った作りのものではなく、良く言えばシンプルなものなので、その部分をもう少し深く魅せるには、視覚で楽しませるようにイラストの数を増やす必要性があったように思えます。

全体のボリュームを考えるとせめて16~18枚は欲しかったなぁと。

 

5:キス以上の愛情表現が出来ない

本作はノンアダルト作品になっているので、2人の関係性が発展してもキス以上の愛情表現は描写されません(添い寝はあります)

その分を穴埋めするかのようにキスの描写は長めに描かれています(アダルト版と比較していないので正確にはわかりませんが……)

なかなかエッチで良いとは思いましたが、悪く言えば“シナリオを薄く伸ばしている感”がするという感じでしょうか。

完全に恋人関係になったあとでもするのはキスのみ。

しかも、先ほど言ったようにプレイヤーは第三者の立場に置かれているため、2人が永遠とキスしている様子を丸ボタンを押しながら眺めるという謎の苦行を行うことになります。

アダルトから一般向けに修正されるギャルゲーにはこのようなことがよくあるみたいなので、仕方がないことだとは思いますが、ならばせめて“主人公の姿を描写する”というのはやめてほしかったかなぁという感じですね。

 

6:シナリオに起伏・緩急が無い

本作のシナリオは良く言えば「シンプルでわかりやすいよくある設定」であり、悪く言えば「読めてしまったオチ通りに進む展開」という感じです。

イヴの正体は結構な序盤から“人間ではない”ということがわかります。

喋り方や言葉遣いなどでプレイヤーに匂わせるような作りにしているのは明らかですが、その後の展開はそれを上手く魅せるようなシナリオになっているとは言い難いです。

ゲームのコンセプトが『メイドさんに癒してもらう』というものなので、シリアスな展開や関係性を揺るがすような出来事を描くことはないだろうなぁ、とは思っていましたが、まさかここまで何も無い形で最後まで進んでいくとは予想していませんでした。

そういった意味では、私は“オチが読めていなかった”とも言えますね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ:癒しを求めて遊ぶには良いけど物語性には期待しないほうがよい

PS4 メイドさんのいる暮らし パッケージ表より引用

人工生命体であるイブが様々な感情を抱きながら成長していくところ、主人公との恋愛で『恋』を知っていく過程などが非常に可愛らしく描かれており、全編に渡って常に癒されっ放しでした。

最初は年上のお姉さんという形でこちらの一方的な甘えで癒され、中盤以降ではイヴのほうがこちらに甘えてくる形で癒されるという二段構えが最高でしたね。

ADVではなくてサウンドノベル寄りだったり、シナリオ自体がシンプルすぎだったり、主人公の姿が描写されていたり等は微妙でしたが、それ以外は特に文句ありません。

『癒しを求めて鑑賞する作品としては良いけど、物語性などは期待しないほうが良い』って感じですかね。

ただ、ワガママをひとつ言うならば、もう少しボリュームが欲しかったなぁという感じ。

ですが、元々が18禁のエロゲーなので、ボリュームが減ってしまうのは仕方がないことかもしれませんね。

 

個人的にはヒロインのイブが気に入ったので、アダルト版のほうも購入してプレイしようと思います。

PS4版のイチャラブでニヤニヤしちゃったくらいだから、アダルト版をプレイしたらもう頭爆発しちゃうかもしれへん(*´ω`*)

アダルト版をプレイしたらまた別にレビュー記事を書くかもです。

メイドさんのいる暮らし 通常版(PS4)
Amazon 楽天市場
セブンネット Yahooショップ
公式サイト(18禁版)
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました