著者のプロフィールはこちら

ゲーム『おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)』感想・レビュー【ラノベ界から音ゲー界へ電撃参戦】

スポンサーリンク

iOS おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ アプリアイコンより引用

電撃文庫がプロデュースするラノベ×リズムゲーム!

『おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ』の感想・レビューです。

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ
開発元:WonderPlanet Inc.
無料
posted withアプリーチ

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

iOS『おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ』とは?

ジャンル 異世界アイドル創生リズムゲーム
メーカー 電撃文庫、ワンダープラネット
対応機種 iOS/Android
配信日 2020年12月10日
概要・あらすじ

わけあって無職だった俺が

異世界で美少女たちとアイドル文化を創る!

はずが…

『おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ』は、地球とは少し異なる世界――ヴァースティアに突如召喚された主人公となり、ヒロインたちとともにアイドルなき世界にアイドル文化を創生していく異世界アイドル創生リズムゲームです。

「電撃文庫」のコンテンツプロデュースによるライトノベル感覚のシナリオやキャラクター、楽曲の世界に浸りながら、2つのゲームモードにより、従来のリズムゲームが苦手な方から上級者の方まで、どなたでもライブステージを再現したゲームプレイをお楽しみいただけます。

■電撃文庫プロデュースによるコンテンツ

おかゆまさき氏(『撲殺天使ドクロちゃん』)の手掛けるメインストーリー。

ヒロインたちが異世界で初めての「アイドル」として成長していく物語をフルボイスでお楽しみいただけます。ライトノベル感覚のメインストーリーに加え、それぞれのヒロインたちの物語やイベント展開も充実。

登場するヒロインたちのキャラクターデザインには、豪華イラストレーター陣が参戦。

■2つのゲームモードで楽しめるライブステージ

オリジナル楽曲や電撃文庫アニメ楽曲のカバー、有名ボカロPによる楽曲など、バラエティに富んだ音楽をプレイ。

『とある魔術の禁書目録』や『灼眼のシャナ』、『アクセル・ワールド』など、電撃を代表するアニメのカバー楽曲を収録。続々登場予定です。

【ゲームモード】

・HUGスタイル

ノーツを受け止める感覚で誰でも楽しめる新モード

リズムゲームが得意でなくてもOK!手軽で楽しいカンタン操作の新モード搭載。

・PICKスタイル

幅広い難易度の譜面が揃った王道リズムゲームモード

5レーンと7レーンでのプレイを選択でき、それぞれに幅広い難易度の譜面が揃った王道リズムゲーム。

(引用:おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ – AppStore)

公式サイト

スポンサーリンク

iOS『おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ』を遊んでみた感想

大手ラノベレーベルの『電撃文庫』がまさかの音ゲーアプリをプロデュースしたとのことで、早速プレイしてみました。

◆リズムゲームについて

まず、メインであるリズムゲーム部分は他の一般的な音ゲーと同じようなシステムで、画面奥から手前にノーツが流れてくる感じです。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

ノーツの種類も

  • ノーマル
  • ロング
  • 同時
  • フリック
  • スライド

という基本的なものばかり。

ただ、音ゲー初心者でも楽しめるように、

  • HUGスタイル
    ⇒一般的な音ゲーモード
  • PICKスタイル
    ⇒バーを左右に動かしてノーツを受け止めるモード

という2つのプレイスタイルが用意されているので、まあ、ここら辺は他の音ゲーとの差別化を図ったポイントなんだろうなぁと思います。

デザインは非常に簡素であり、ノーツのサイズが小さくて調整も出来ない等、視覚的な娯楽性や操作性はあまり良いとは言えません。

 

◆キャラクターについて

電撃文庫がプロデュースしているため、登場するキャラクターは全体的に“ライトノベルに出てきそうなテンプレートキャラ”という印象です。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

デザインや内部設定(性格や言動など)もラノベを意識しているような作りになっているので、ラノベが好きな人なら受け入れられるかなぁという感じです。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

しかし、私のようなラノベを読まない人間(中学生の時は少し読んでいた)には、あまり魅力的に感じることが無いキャラクター造形になっており、キャラゲー・ソシャゲ要素を担う部分としては、“人を選んでしまう”という感じで、運営上の致命的な要因になりそうだなぁと。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

また、キャラクターデザインは複数のイラストレーターを起用しているため、統一性が無く、まとまりも薄れており、全体的に安っぽい印象が漂っているように感じました。

 

◆ガチャについて

ゲームを始めると何度でも引き直せる10連ガチャが出来るのですが、前述した通り、キャラクターはどれも魅力的では無いため、テンションは上がりません(笑)

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

私は300回ほど10連ガチャを引き直してみたんですが、注意事項にも“星1から星3までのキャラが登場”と書いてあり、「ん? ってこと星3が最高レアリティなのかな」と思って、一番引きが良かった星3が3枚出たところでガチャを止め、ゲームをスタートさせました。

で、メニュー画面からガチャのページへ行ってみると、なんとそこには星4のキャラクターがずらりと並んでいるではありませんか。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

そうです、このゲームに登場する最高レアリティは星4なのです。

他のゲームでは最初に何度でも引かせてくれるガチャでも、最高レアリティは出るようになっているのがほとんどなのに、このゲームは星3までしか出さないというケチっぷり……。

星3が最高レアリティだと思って引き直しまくっていた時間はなんだったのか……(笑)

しかも、そのあとに普通のガチャの排出率を見てみたら、最高レアリティの星4はたったの2.5%で、星3は9%……。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

もうね、「は?」って感じですよ。

今どき珍しいくらい強きのパーセンテージだなぁと。だったらもう少しデザインやビジュアル、システム面などのクオリティをどうにかせーやって感じですね。ほんとに。

 

◆楽曲について

楽曲はもちろんオリジナルのものがメインとしてありますが、そこはやはり電撃文庫が監督しているので、電撃文庫が原作となっているラノベ作品の音楽も出てきます。

おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ(iOS)より引用

  • とある魔術の禁書目録
  • 灼眼のシャナ
  • 撲殺天使ドクロちゃん
  • アクセルワールド

などなど多数。

しかし、これらの楽曲で遊ぶにはある程度のアイテムが必要で、このアイテムがなかなか手に入りにくいときたもんだ。しかも、楽曲を購入出来るショップでは“試聴”することも出来ません。

知っている人ならまだいいけど、知らない人間、もしくは知っていたけど「どんな曲だったっけ?」という人間にとっては購入してからのお楽しみってことになるんですよね。

いや、どんだけ不親切だよ。

なお、オリジナル楽曲には有名なボカロPが多数参加しているので、音楽自体のクオリティはかなり良いほうだとは思いますが、如何せん、運営が無能すぎてなんともね……(笑)

今のところ(2020/12/11時点)、有能ボカロPの無駄遣いって感じです。

 

◆総評

音ゲーアプリの中でも相当酷いレベルだと言えますし、アプリゲームの中でもかなり悪質な設定(主にガチャ排出率)ですね。

キャラクターデザインも絵柄自体は素晴らしいのですが、世界観やビジュアル的な統一性が欠けていて、魅力を殺し尽くしており、キャラに愛着を持てることが重要とされるキャラゲー的な部分では完全に死んでいるといっても過言ではないかと思います。

リズムゲーム部分もシステム、デザイン、構成などは単調であり、UI面でもユーザーのことを考えていないような不便な配置を平然と行っていて、とてもじゃありませんが「面白い!」とは思い難い出来です。

つい先月?ぐらいにリリースされた『D4DJ』という音ゲーがあまりにも、よくできたゲーム性とシステムでかなり面白かったせいもあり、評価は少し厳し目になっているかと思いますが、これでも可能な限り“先入観を取り除き、客観的な視点”で感想を述べているつもりです。

にも関わらず、こういった、あまりよろしくない総評となるということは、それだけ本作が“面白みに欠けている”ということで判断してもらっても良きかと。

SNS上でのユーザーからの意見もそれなりに目を通しているようなので、今後のアップデート次第って感じですかね。

ただ、リズムゲーム部分の基本的なシステム、デザイン、ビジュアル面はそこまで大きく変更しにくいと思うので、あまり期待は出来ないかなぁ……。

私はこれ以上遊ぶつもりはありません。

7時間ほどやってみた結果、早期撤退って感じですね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ:今後のアップデートでも期待は出来ないダメ音ゲー

iOS おねがい、俺を現実に戻さないで!シンフォニアステージ アプリアイコンより引用

正直に言ってしまうと、私個人としては今後のアップデートでも期待はしていません。

予想としては1年も経たずにサービス終了するんじゃないかなーって思ってますが、それなりに有名どころの作品(ラノベなど)と、ボカロPたちを迎えて、金をかけて制作しているので、頑張って踏ん張るとは思いますが、人気は出ないでしょうね。

今年(2020年)にリリースされた『D4DJ』『プロセカ』とは雲泥の差なのは、誰の目から見ても明らかなので、わざわざ本作を好んでプレイする人はほとんどいないかと思います。

音ゲーアプリは、すでに“表面を変えただけの既存のシステムをなぞったような作品”が伸びるほど、甘いジャンルではないんですよね。

  • 他との差別化
  • 何かに特化したもの

などの“それにしかないポイント”を抑えて制作しないと、プレイヤーは遊んでくれないんじゃないかなーと。

ってことで、以上。

(`・ω・´)ノシ

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ
開発元:WonderPlanet Inc.
無料
posted withアプリーチ
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました