著者のプロフィールはこちら

蛇森 生静(へびもり おしず)のキャラクター情報まとめ【明日ちゃんのセーラー服】

スポンサーリンク

©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻107Pより引用

この記事では『明日ちゃんのセーラー服』に登場するキャラクター。

蛇森 生静(へびもり おしず)についての情報をまとめています。

情報は定期的に更新・修正を行いますのでよろしくお願いいたします。

なお、『明日ちゃんのセーラー服』の関連記事まとめはこちら▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

蛇森 生静(へびもり おしず)

©Hiro2017
漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻107Pより引用

出席番号 15番
誕生日/星座 不明
部活動 不明
初登場シーン
3巻14話『りりって呼んで』47ページ6コマ目より:小路と水上の水泳対決を観戦している(画面手前から二番目、奥から戸鹿野、神黙、蛇森、四条)
スポンサーリンク

蛇森生静はどんな子?

前髪を真ん中あたりできっちりと分け、おさげ髪にしている女の子。

体育祭では、平岩と共にバトミントンに出場。

 

スポンサーリンク

個人的な蛇森生静への印象

ニヒルな印象のおさげ髪の少女。

あまり情報はないのですが、個人的にはどこか“ニヒル”な印象を感じるキャラクターだなぁと思いました。

さて、蛇森に関しても未だにメインとして描かれている回が無い(7巻:2020年8月現在)ので、今までのちょっとした描写からどんなキャラクターかを考察してみます。

 

まず、1巻107ページの出席簿による顔写真からは、きっちり真ん中分けにされた前髪と2本のおさげ髪というヘアスタイルであることが確認できます。

また、目元を見てみるとやや太めの眉と奥二重(おくぶたえ)、少し弧(山)になっている下まぶたが見えますね。

ここから考えると、性格はやや几帳面気味で、物事を俯瞰で冷静に見ることが出来るタイプのキャラクターではないかなぁと思います。

あまり良くない言い方をすれば、“何を考えているかわからない”、“少し意地悪(いたずらっ子?)”という感じですね。

 

続いて3巻47ページ6コマ目、小路水上の2人が水泳対決をする回。

ここの横顔の描写を見ると、下がった目尻、やや上がっている眉、わずかに笑みを浮かべているように見える口元、頬に手をあててゆったりと観戦している様子がわかります。

もちろんここまで細かいコマにわざわざ各自のキャラクター性を盛り込みながら描いている確証はありませんが、このわずかな部分から想像を膨らませてみると、やはり先ほど言ったような“物事を俯瞰で冷静に見るタイプ”だと思いますね。

しかも、この場面からはそれを少し“面白がって見ている”ようにも見えます。

その後の57ページ(2コマ目、画面一番奥)では、白熱する小路と水上の対決を少し身を乗り出しながら見ています。

そして69ページ3コマ目では、対決が終了した2人に対してクラスメイトたちが拍手を送る中、蛇森は両肘をついて“不敵(に見える)な笑み”を浮かべており、他のクラスメイトたちとは少し違った目線で見ているように思えます。

※なお、この場面で他に拍手をしていないのは峠口と鷲尾の2人。ただ、峠口は平岩を抱っこしているため、自然と拍手が出来ない状態になっています。また、鷲尾に関しては彼女の性格上、感情をそこまで表に出さないタイプであることは後の描写でもわかることなので、ここで拍手をしていない理由もおそらくは性格から来るものだと予想出来ます。

96ページでは、平岩と共に体育祭の出場種目であるバトミントンの練習をしています。表情を見る限りはまじめにしっかりと取り組んでいることがわかりますね。几帳面っぽい性格が少し現れていると見てもよさそうです。

167ページでは、他のクラスメイトたちと共にバレーボールの練習に参加しています。

古城神黙の後ろに映っている蛇森の表情からは、口元をぎゅっと結んでいて真剣そうな印象を感じますね。

「練習をしっかりやるぞ!」というような意気込みも感じるような表情でもあるので、やっぱりどうやら真面目に取り組む良い子らしいですね。

“物事を俯瞰で冷静に見るキャラクター”っぽいので、行動に関しては他のクラスメイトと少し距離をあける子かなぁとも思っていましたが、みんなと一緒に練習に参加するという一丸性(協調性)はあるようです。

 

続いて4巻25ページ、小路と木崎のステージパフォーマンスの回。

谷川、神黙、平岩、大熊、峠口と共に描かれている25ページ、平岩と2人で描かれている31ページでは、ステージ上の2人のパフォーマンスに視線が釘付けになっている蛇森を確認できます。

両方とも口を「ぽかんっ」と小さく開けていて、つい見とれてしまっているのがわかりますね。

冷静そうなキャラクターに見えますが、普通の子供らしく、何かに強く魅了されて見惚れてしまうような感受性はきちんと持っているみたいです。

そしてその後の32ページでは、体育祭本番でのバトミントン試合の様子が描かれており、上手く立ち回れない平岩がつい泣いてしまう場面があります。

ここでは小路が大きな声で「蛍ちゃん泣くことないよ」と、平岩を励ましているところに目が行きがちですが、その2コマ前に蛇森が平岩に対して「気にしないで」と優しく言っているのです。

周囲を俯瞰で見ているような表情や、少し距離感を感じる子に思えましたが、普通に気遣いが出来る良い子であることは間違いないですね。

さらにその後の35ページでは、他のクラスメイトたちのカットと共に蛇森のカットも描かれています。

目を瞑ってステージ上の見事なパフォーマンスを噛みしめているような表情、体育祭の時の小路の一生懸命な応援を思い出しているような表情に見えます。

67ページでは、バレーボール試合の応援をしている蛇森の姿を確認。

口を大きく開けて大声で応援している様子がわかります。

冷静に物事を見るタイプではあるものの、体育祭のような一丸となって挑むものに対しては、普通の子と同様にそれなりの熱量を持つみたいですね。

 

以上のことから、

  • 几帳面な性格で真面目に取り組む子
  • 物事をやや俯瞰で見ている子
  • どちらかと言うと冷静な性格の子
  • しっかりとしたお姉さんな子

という感じだと思います。

物思いに耽るような場面が多いので、容姿は年相応だけど中身はかなりお姉さんな子なんじゃないかなぁと。

ただ、お姉さんな性格に育った理由としては“下に妹や弟がいるから”ではなく、“そうならざる負えない家庭環境だった”みたいな感じに思えます。

そう考えると初めて蛇森を見た時の“ニヒルな印象”もなんとなく説明がつくかなぁって。

まあ、全部私の勝手な妄想・想像・憶測なんですけどね(笑)

蛇森生静はこんな子
  • 几帳面な性格で真面目に取り組む子
  • 物事をやや俯瞰で見ている子
  • どちらかと言うと冷静な性格の子
  • しっかりとしたお姉さんな子

※全て私の推測で実際にどんなキャラクターなのかはまだ不明です。ご了承ください。

 

スポンサーリンク

関連記事

◆出席番号14番
平岩 蛍(ひらいわ ほたる)

平岩 蛍(ひらいわ ほたる)のキャラクター情報まとめ【明日ちゃんのセーラー服】
©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻107Pより引用 2020/11/2 第46話更新により情報...

◆出席番号16番
鷲尾 瞳(わしお ひとみ)

鷲尾 瞳(わしお ひとみ)のキャラクター情報まとめ【明日ちゃんのセーラー服】
©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 4巻14Pより引用 この記事では『明日ちゃんのセーラー服』に登場する...

『明日ちゃんのセーラー服』に関するその他の情報が知りたい人は、『情報・関連記事まとめ』をどうぞ▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
マンガ明日ちゃんのセーラー服
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました