著者のプロフィールはこちら

漫画『明日ちゃんのセーラー服』木崎江利花の可愛いベストシーン3選

スポンサーリンク

©Hiro2017 漫画 明日ちゃんのセーラー服 1巻93Pより引用

この記事では『明日ちゃんのセーラー服』の大ファンである私が、金髪ツインテールなお嬢様・木崎江利花の可愛いベストシーンを紹介。

独断と偏見と個人的な好みに基づいているので予めご了承ください。

なお、可愛いベストシーンはたくさんあるのですが、全部紹介してしまうとネタバレ度合いが強くなってしまいそうなので、とりあえず3つだけ紹介することにします。

なお、『明日ちゃんのセーラー服』の関連記事まとめはこちら▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 当記事にはネタバレの要素が含まれている可能性があります。ご注意ください。
スポンサーリンク

木崎江利花の可愛いベストシーン3選【明日ちゃんのセーラー服】

1:兎原にもらったクッキーを食べるシーン(3巻)

後夜祭で踊る小路の姿を想像しながら、自分もピアノ演奏で小路とステージ上で共演している姿を楽しそうに頭の中で思い描く木崎さん。

しかし、「でしゃばるのはよくない」として想像だけで終わらせようとすると、兎原から「小路の踊りに合わせて木崎がピアノ演奏をしたら盛り上がるのでは?」という提案をされる、というシーン。

このシーンは“想像の中の踊る小路とピアノを弾く木崎さん”が単調な線画で美しく描かれているところが大きな見所だと思いますが、個人的には、

“兎原から提案してもらった後に兎原が作ったクッキーを食べる木崎さんの表情”

がめちゃくちゃ好き。

クッキーを手に取って口に入れるところも、人差し指で口の中に全て入れ込むところも、そのあとに紅茶(たぶん)を飲むところも好きですが、一番良いのは140ページ1コマ目の、

“「おいしい」と言っているところ”

が可愛すぎる(*´ω`*)

©Hiro2018
漫画 明日ちゃんのセーラー服 3巻140Pより引用

口元にクッキーの欠片がくっついているのも良きだし、なによりも少し上目遣いに感じる表情をしているように私には見えていて、それがたまらない……!

次のページの大きな1枚絵に描かれている木崎さんもめっちゃ好きですけどね(JCの生足は正義)

 

2:「これからずっと私の一番好きな時間だわ」(6巻)

夏休みで東京に帰省していた木崎たちに会いに来た小路に対し、龍守と兎原が「東京観光でどこに行きたいのか」を聞くと、少しぼーっとしていて2人の声が聞こえていない様子の小路。

はっと気が付くと「みんなに会えたら安心して気が抜けていた」と言う。

そんな小路に木崎さんは「私も満足してしまった」「面白い小説を読み終わったあとみたいな余韻」と答え、最後に「そう考えたら、これからずっと私の一番好きな時間だわ」と笑顔で言う、というシーン。

41ページの木崎さんの一枚絵も素敵ですが、私が「最高に可愛い」と思ったのは次のページ(42P)の木崎さんです。

「これからずっと私の一番好きな時間だわ」と言ったはいいけど、思い返してみたらめちゃくちゃ恥ずかしいセリフだったことにあとから気付いて、頬を赤らめて恥ずかしそうな表情をしているのがめちゃ可愛い。

3コマ目の少しデフォルメされた恥ずかしそうな木崎さん。

そしてあまりの恥ずかしさから何も言わずに早歩きで「スタスタスタ…」と去っていく木崎さん。

©Hiro2019
漫画 明日ちゃんのセーラー服 6巻42Pより引用

可愛すぎる。

好きです(唐突)

 

3:小路に髪を拭かれるシーン(7巻)

とあることで小路と木崎さんがギクシャクした状況になってしまい、流れから小路は木崎さんの実家でお風呂を借りることになる。

小路に酷いことをしてしまった上に、小路のほうから先に謝らせてしまったことにショックを受けた木崎さんは龍守と兎原に相談をする。

そこで龍守がふと「(謝るなら)早いほうが良い。目には目をだったら、今すぐお風呂場に飛び込むとか……」と言うと、それを聞いた木崎さんは部屋を飛び出してお風呂場に向かう。

しかし、お風呂場にはすでに小路の姿は無い。仕方がないのでとりあえず自分もお風呂に入り、湯船に浸かることにする。ふと、目の前の窓から遠くの方に2つの人影が見え、よく見てみるとそれは小路と自分の父親だったことに驚愕する、というシーン。

このシーンは、というか、これが収録されている7巻は木崎さんのことが色々とわかる巻だし、そもそも表紙からすでに最高に可愛い木崎さんが描かれていて、もう木崎さん好きにはたまらない感じになっています。

作中ではあまりのことに泣き崩れてしまう木崎さんに対して、兎原が心の中で「(泣いている姿が)可愛い」と言っていますが、私も兎原と同じく「ああ、やべえ泣いてるところめちゃくちゃ可愛い興奮する」と、変態みたいな感想を持ちました(‘ω’)

そのあとの木崎さんのお風呂シーンも大変に良きですが、私が一番「可愛い」と思ったのは、

“小路と自分の父親がいるところへ濡れたまま向かい、小路にタオルで髪を拭いてもらうところ”

ですね。

©Hiro2020
漫画 明日ちゃんのセーラー服 7巻128Pより引用

拭いてもらっている時の表情も、「ん…」「あ…」とつい声が漏れてしまっているところもめっちゃエロい。

可愛くもあるけどなによりエロいのです。ありがとうございます(謎)

129ページで小路の手を取って、「謝らせて」と小路の手を自分の口元に近づけるように描かれているところとか、次のページ(130P)とか、さらにその次のページ(131P)の1コマ目とか、もうずーっと表情が良きなんですよねぇ。

小路と出会ったことで自分が変わりつつあることや、距離を置いていたピアノを再び弾くようになっていったこと等、自身の中で大きく変化していくきっかけになっている小路への想いと共に謝ること出来たという良い場面。

でも、私のような変態は

  • 「やべえ木崎さんの泣くところ可愛いw」
  • 「木崎さんのお風呂シーンきたー!」
  • 「髪拭いてもらってるところエッチやなぁ」

とか、邪な目で見ちゃうんです。ごめんなさい(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

記事は以上です。

木崎さんの最高に可愛いベストシーンは今後も何かあれば、更新していくつもりです。

当ブログでは『明日ちゃんのセーラー服』に関する記事を色々と書いていますので、よければ覗いていってください。

『明日ちゃんのセーラー服』に関するその他の情報が知りたい人は、『情報・関連記事まとめ』をどうぞ▼

『明日ちゃんのセーラー服』情報・関連記事まとめ【定期更新】
ここでは、本作の大ファンである私がブログに書いた、『明日ちゃんのセーラー服』関連の記事を見やすくまとめています。 ...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
マンガ明日ちゃんのセーラー服
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました