ブログ著者のプロフィールはこちら

【マイクラ】外壁 その4【デザインアイデア】

スポンサーリンク

ここではオススメのデザインアイデアを掲載しています。

この記事では『外壁 その4』の外観と作り方を紹介。

建築をする際の参考になれば幸いです。

あくまでもデザインアイデアなので、横幅や高さなどのサイズに決まりはありません。参考程度にしつつ、必要に応じてアレンジしながら作ってください。
スポンサーリンク

マイクラ:『外壁 その4』の外観

まずは外観を軽く紹介しておきます。

樫の木をメインとした外壁です。

家の外壁というよりも、木工所などの作業場に合いそうな見た目になっています。

では次に作り方を解説していきます▼

スポンサーリンク

マイクラ:『外壁 その4』の作り方

必要な材料

必要な材料は左から、

  1. 樫の丸太
  2. 皮をはがれた樫の丸太
  3. 薄灰色のガラス板
  4. 石レンガの階段
  5. チェーン

になります。

ガラス板は薄灰色のほうが色合い的に合うので選びましたが、作れない場合は普通のでも良いと思います。

チェーンは鉄のインゴットと鉄の塊からクラフト出来ます。

作り方

皮をはがれた樫の丸太をあいだ4マス開けて3個置き、

それをそのまま6段まで積み上げて柱にします。

柱の間、上下に樫の木の丸太を通して四角い枠を作りましょう。

柱の1列前に樫の木の丸太を1個ずつ配置。

一番上にも同じように樫の木の丸太を1個ずつ配置。

丸太の断面が上下に向くように置きたいので、下から仮ブロックを積み上げて、一番上に丸太を置くようにしましょう。

置けたら仮ブロックは撤去してください。

仮ブロックとは、ブロックを任意の場所や方向に配置するために一時的に置くブロックのことです。

一番上、柱の1列手前に置いた樫の木の丸太の間を、同じく樫の木の丸太で繋げましょう。

続いて、皮をはがれた樫の丸太を四角く開いている枠の両側に柱状に設置。

その間を同じく皮をはがれた樫の丸太で”横向きで”設置。

上も同じように設置。

次に樫の木の丸太の間に石レンガの階段を横一列に配置。

上の丸太と下の丸太の間にチェーンを通します。

チェーンを付ける際は、柱に向かってではなく、上のブロック(またはチェーン)に向かっておいてください。

そうしないと、チェーンが柱に対して横向きに付いてしまうので。

最後に真ん中の空いているスペースにガラス板をはめ込んだら完成です。

基本はこれで完成ですが、これを少し応用したものを少しだけ紹介しておきます▼

スポンサーリンク

マイクラ:『外壁 その4』の応用

上の丸太部分を階段にしてみた。

上の丸太部分に柵とゲートを通して、下にランタンを吊るしてみた。

チェーンを外して、ホッパーとランタンで照明器具っぽいものを付けてみた。

柱の手前にある丸太部分を壁にして、その上に木のボタンを置いてみた。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの関連記事

【マイクラ】外壁(家や拠点など)のデザインアイデア【まとめ/定期更新】
ここでは『マインクラフト』に関する情報を扱っています。 この記事では、外壁(家や拠点など)のデザインアイデアをいく...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
ゲームマインクラフト
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました