ブログ著者のプロフィールはこちら

【最新】最高に面白いおすすめの音ゲーアプリ13選【定期更新】

スポンサーリンク

この記事は『音ゲーアプリ』の情報を記載しています。

ここでは、最高に面白いおすすめの音ゲーアプリを私個人の独断と偏見で選んで、紹介しています。

この記事の内容は定期的に更新していくので、

面白い音ゲーアプリの情報を知りたい!

という人は、このページ、または当ブログのトップページをブックマーク(お気に入り)しておくと良いかもです。

(`・ω・´)b

注意事項

  • 作品への感想は私の個人的な意見です。作者様の意図とは異なる場合がございます。また、感想の内容は時期によって多少変化するので、修正・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当記事には作品をわかりやすく伝えるために、一部分を引用させていただいております。詳しくは当ブログのプライバシーポリシーをご参照ください。
スポンサーリンク

最高に面白いおすすめの音ゲーアプリ13選

1:D4DJ Groovy Mix(グルミク)

DJをモチーフにしたテンション爆上げのリズムゲーム。

レーンの両サイドには“ターンテーブル”があって、スクラッチすることが出来たり、レーンの下には“スライダー(つまみ)”があって、操作すると音楽に変化を付けることが出来ます。

操作は他の音ゲーアプリよりも難しいですが、まさに本物のDJになったような気分が味わえて最高に面白いです。

キャラデザや世界観は他のソシャゲ系音ゲーと比べて、やや大人向けという感じ。

個人的にはMermaidという“色気ムンムンの大学生お姉さんグループ”が一番好きで、特に松山ダリアという“褐色ギャルっぽい子”が推しメンですね(笑)

また、本作の特徴は“他の音ゲーアプリでは楽しめない個性的な楽曲で遊べる”という点。

例えば、

  • 『ストリートファイター』や『ロックマン』のゲームBGM
  • 『古畑任三郎』や『踊る大捜査線』のドラマBGM
  • 『レインメーカー』や『パワーホール』などのプロレス入場曲
  • 『徹子の部屋』や『世にも奇妙な物語』の番組BGM
  • 『仮面ライダーBLACK』などの特撮番組の主題歌
  • 『DESIRE -情熱-』や『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』などの懐メロ

などなど。

「え?こんなのもあるの?w」というラインナップになっています。

さらにアニソンやボカロ、J-POPのカバー曲も豊富な上に、東方projectのゲームBGMまで揃ってます。

若い人に人気の曲から、昭和生まれの人の心に刺さるような曲まであるという幅の広さはすごいですね。

個人的には“今までリリースされた音ゲーアプリの中で群を抜いて最高に面白い”と思います。

正直、これにハマると他の音ゲーでは物足りない気がしてくるレベルです。

D4DJ Groovy Mix(グルミク)

D4DJ Groovy Mix(グルミク)
開発元:Bushiroad Inc.
無料
posted withアプリーチ

レビュー記事はこちら▼

ゲーム『D4DJ Groovy Mix(グルミク/iOS)』感想・レビュー【DJプレイが最高の音ゲー】
iOS D4DJ Groovy Mix アプリアイコンより引用 スクラッチやスライダーなどのDJ要素を盛り込んだ本格的...

 

2:プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク

ボーカロイドをメインとしたリズムゲーム。

今まで本格的なボカロの音ゲーアプリはほとんど無かったのですが、今作でようやく“ハイクオリティで本格的なボカロ音ゲーアプリ”が登場です。

ボカロ以外にもオリジナルキャラクターが多数登場し、楽曲面ではボカロがメインで、ストーリー面ではオリジナルキャラクターがメインで活躍するって感じですね。

開発にはセガが関わっているため、リズムゲーム部分のデザインや構造はアーケード音ゲーの『チュウニズム』に似ているかと。

ノーツを取った際のSEやタップした時の感覚は個人差があるものの、他の音ゲーアプリと比べて“やや硬め”に感じるため、物理ボタンではないにも関わらずしっかりと“押した感覚”が感じられる点はGOODですね。

楽曲は有名なボカロ曲はもちろんのこと、ボカロPが新たに書き下ろした新曲も楽しめるので、ボカロ好きにはたまらないでしょう。

また、スマホやタブレットのジャイロセンサーを活用した3Dモデリングによるライブも楽しめるのは、音ゲーアプリとしては結構新しいコンテンツだと言えます。

ボーカロイドが好きな人、興味がある人は一度プレイしてみると良きかと。

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク
開発元:SEGA CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

レビュー記事はこちら▼

ゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク(iOS)』感想・レビュー【ボカロメインの最高音ゲー】
iOS プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク アプリアイコンより引用 ボーカロイドがメインとなる...

 

3:アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドル育成ゲームの金字塔『アイドルマスター』シリーズの1つ、『シンデレラガールズ』をモデルとしたリズムゲーム。

個人的には「音ゲーアプリといえばデレステ!」って感じなくらい人気の高い本作は、アイドル育成をしながらライブ(リズムゲーム)を成功させていくゲームです。

プレイヤーはプロデューサーという立場で、総勢180名を超える個性的なアイドルたちから自分の好きな子で編成を組んで、育てて、ライブして、共に成長していく的なやつです。

楽曲のクオリティもそれなりに良く、3Dモデリングによるライブもアイドルがめっちゃ可愛くて最高。

ただ、リリースからずいぶんと時間が経っており、イベントやアップデートやコラボなど、全体的に激しいマンネリ化が続いているのは事実です。

まあ、アイドル育成ゲームの金字塔『アイドルマスター』シリーズなので、まだまだサービスは続くとは思うので、やったことがない人はぜひともプレイしてみてくださいまっせぇ。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
開発元:BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

4:ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル

音ゲーアプリの火付け役としても有名なアイドル系リズムゲーム。

作品自体はそこまで知らなくても名前くらいは聞いたことがある『ラブライブ』の音ゲーアプリです。

レーン数が9つもあり、レーンの形状も扇(おうぎ)のような形をしている“他の音ゲーアプリとは少し異なった構造”の本作。

正直、他の音ゲーアプリよりも“広範囲をしっかりと認識すること”が求められるタイプの音ゲーなので、初心者向けでは無いかもしれません。ただ、慣れてくるめっちゃ楽しいです。

私個人は『ラブライブ』をそこまでよく知らないので、キャラクターに関してはあんまり語れないのですが、まあ、デザインや設定は悪くないと言えるかと。

ただ、ゲームそのものの構造・システムは非常にわかりづらくて、説明不足な点も多いため、初見の人からすると不親切な設計になっていると思います。

ゲームをやり込むつもりなら「なんだこれ?わかりづれぇなぁ…」ってなるかもですが、「音ゲーさえ遊べればそれでよい」という人なら、やってみても良いかもですね。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
開発元:KLab Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

5:バンドリ! ガールズバンドパーティ!

ガールズバンドをモチーフとしたリズムゲーム。

アプリ名の通り、本作はアイドルではなく、ガールズバンドに焦点を当てて作られている音ゲーです。

それぞれ異なる音楽性を持ったガールズバンドが複数登場。ストーリーはよくある青春系のやつですね。個人的にはあまり興味が無いのでストーリーはほとんど見てませんけど。

楽曲はオリジナルも豊富ですが、なんといっても本作の特徴は“カバー曲の多さ”でしょう。

今となっては音ゲーでカバー曲が収録されているのは珍しくもないのですが、ガルパがリリースされた頃は音ゲーアプリ(特にソシャゲ系)にカバー曲が入っているものはあまり無かったため、結構衝撃でした。

アニソン、J-POP、ボカロなどのカバー曲がめちゃくちゃたくさん収録されているので、二次元大好きなオタにはたまらないリズムゲームと言えるかもですね。

ただ、リズムゲーム部分は判定が意外とシビアな上、ゲームの構造やデザイン自体が見づらく感じるものが多く、視認性の面では少し他の作品よりも劣っているかと。

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

バンドリ! ガールズバンドパーティ!
開発元:Craft Egg Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

6:SHOW BY ROCK!! Fes A Live

サンリオが手掛けるキュートなリズムゲーム。

ハローキティなどで有名なサンリオがまさかのリズムゲーム!? って感じなんですが、実はこの作品って結構長いこと続いているんです。

最初の頃は縦型でレーンが3つしかない“お子様向けのリズムゲーム”だったんですが、その後、横型になり、システム面やリズムゲーム部分の作りも“本格的な音ゲー”へと進化しました。

楽曲はクオリティの高いオリジナル曲が多数あるのですが、本作は以前から“実在する有名バンドとのタイアップ”として、そのバンドグループの楽曲も複数収録されているのです。

一番有名どころで言うと、『マキシマム・ザ・ホルモン』とかですかね。

キャラクターデザインは「さすがサンリオやなぁ」って感じでめちゃくちゃキュート。高い頭身の姿とハローキティのような小さくデフォルメされた姿でそれぞれ描かれています。

ただ、キャラデザもリズムゲーム部分もそこまで悪くはないのですが、それ以外の要素(主にイベント)が全体的にパッとしないため、「よし!やり込むぞっ!」という気になれないんですよねぇ。まあ、個人的な感想なんですけど(笑)

でも、面白いことは面白いんでやってみてください。

SHOW BY ROCK!! Fes A Live

SHOW BY ROCK!! Fes A Live
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

 

7:Tokyo 7th シスターズ

近未来を舞台にしたアイドル系リズムゲーム。

本作も先ほど紹介した『SB69』のように、長いこと運営している作品であり、途中でリズムゲームの構造を大きく変化させた作品です。

最初の頃は円の縁(ふち)に沿って芋虫のようなノーツが流れてくるという、“他に類を見ない珍しい形のリズムゲーム”だったのですが、ある時を境に大型アップデートをして、一般的なリズムゲームへと変化しました。

リズムゲーム部分の構造はシンプルですが、一部異なる点として”上に上げて下げる”という動きのノーツがあることですね。まあ、『チュウニズム』の手をあげるやつとか、『アーケア』のスカイノーツみたいなやつ、と言えばなんとなくわかるかと(笑)

世界観は近未来を舞台としているので、ストーリーやキャラデザからはどこかSFチックなニオイが感じられます。ただ、やっていることはアイドル活動なので、『デレステ』や『スクフェス』とほぼ同じですね。

楽曲はすべてオリジナルとなっていますが、個人的には“音ゲー史上最もハイクオリティな楽曲”と言っても過言ではないくらいに、音楽がめちゃくちゃ良いです。

正直、他の音ゲーに収録されているオリジナル楽曲とは比べ物になりません。次元が異なるレベルで音楽がめちゃくちゃ良すぎるんです(※個人の感想です)

わざわざCDを購入して、MP3プレーヤーに全楽曲を入れてしまうくらい気に入ってます(笑)

Tokyo 7th シスターズ

Tokyo 7th シスターズ
開発元:Donuts Co. Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

8:Cytus

※動画は『Cytus α』です

音ゲーアプリ界に輝く不動の1位。

「音ゲーアプリと言えばコレ!」というくらい有名かつ超絶人気な音ゲーアプリです。

サイバーパンク&SFチックなビジュアルと、メカニカル&退廃的な世界観がめちゃくちゃカッコいい。

リズムゲーム部分は他の音ゲーではまず見られない“特殊な構造”になっています。

一般的な音ゲーでは“ノーツがラインに向かって動き、プレイヤーはそれをタップなどで取る”わけですが、本作の場合は“ラインのほうが動いて、固定されている(動かない)ノーツと重なった瞬間にタップなどで取る”のです。

正直、他の一般的な音ゲーを長くやっていると、違和感がすんごいと思いますが、慣れてくればめちゃくちゃ楽しいです。

難易度的には中級者~上級者向けって感じですけどね。

有料アプリとはいえ、価格も安い上に収録されている楽曲数も多いので、買って損することはまずありえないかと。

ちなみに本作には続編として『Cytus2』があったり、ニンテンドーswitch用の『Cytus α』もあり、こちらもめっちゃオススメです。

Cytus

Cytus
開発元:Rayark International Limited
¥250
posted withアプリーチ

Cytus II

Cytus II
開発元:Rayark International Limited
無料
posted withアプリーチ

switchソフト『Cytus α』をAmazonで見る

 

9:Arcaea

シンプルな構造とスカイノーツという新感覚なリズムが楽しめる音ゲー。

シックなデザインと分かりやすい構造のゲーム性を兼ねた良質なリズムゲームと言える本作。

一般的な音ゲーと同じようなノーツで構成されていますが、本作には“スカイノーツ”と呼ばれる“宙に浮いている特殊なノーツ”が登場します。

通常のノーツは下のラインで取り、スカイノーツは上部分で取るという感じ。

正直、説明するのが面倒なので、興味がある人は実際にやってみてください(笑)

無料の本格的な音ゲーアプリとしてはかなり良い作品と言えるかもです。

Arcaea

Arcaea
開発元:lowiro
無料
posted withアプリーチ

 

10:DanceRail3

シンプルに音ゲーだけを楽しみたいならこれで決まり。

音ゲーアプリの中では、“一番本格的(アーケードの音ゲーに近い&ソシャゲ要素が無いという意味で)な音ゲー”って感じですね。

インスト系(※ボーカル無しのBGMのこと)が多く収録されており、難易度も初心者~上級者まで幅広く受け入れてくれる設定になっているので、大体の人は楽しめるかと思います。

たしか本作は、個人だったか、どこかのサークルだったかが、制作しているインディーズ的なゲームなんですよね。

それでこのクオリティはめちゃくちゃすごいと思います。正直、有料でも文句ないレベルです。でも無料で遊べちゃうのよねぇ。ありがたいよねぇ。

ちなみに本作には『DanceRailRefresh』という個となるバージョンもあり、こっちもオススメなのでぜひ。

DanceRail3

DanceRail3
開発元:Yuyu Li
無料
posted withアプリーチ

DanceRailRefresh

DanceRailRefresh
開発元:Yuyu Li
無料
posted withアプリーチ

 

11:Protocol:hyperspace diver

空間認識能力が求められるゲーム酔い注意な音ゲー。

本作は他の音ゲーアプリよりも“空間をフルに活かしているリズムゲーム”と言えます。

黒い空間に僅かな光と幾何学的な線がいくつも交差しており、画面の奥の方から球体型のノーツが迫ってくる感じなんです。

これだけでも十分に立体感があって「おお、すげえ」ってなるんですけど、本作は“ノーツを取る場所もめちゃくちゃ動く”というシステムになっているんですよ。

感じとしてはアーケード音ゲーの『シンクロニカ』や、先ほど紹介した『Cytus』っぽいって言えば、なんとなくわかるかと(無料だから実際にやってもらったほうが早いw)

立体的なデザインとノーツを処理する場所が動くというシステムが組み合わさっているため、

  • 広い視野を持つ能力
  • 空間をきちんと認識する能力
  • 即座&的確にノーツを処理していく能力

が求められます。

なので、初心者向けとはなかなか言い難いんですが、音ゲーに必要な基礎能力は養うことが出来ると思うので、“音ゲーの基礎練用”として遊んでみるのも良いかと。

本作は個人的にめちゃくちゃ面白い音ゲーアプリだと思っているんですが、実はそんなに知られておらず、「好きな音ゲー!」的な話でも名前が上がらないんですよねぇ。

Protocol:hyperspace Diver

Protocol:hyperspace Diver
開発元:LINE Games
無料
posted withアプリーチ

 

12:Muse Dash

※動画は『switch版』です

可愛らしい世界観の横型2レーンアクションリズムゲーム。

本作は世にも珍しい“横型”の音ゲーです(他で言うと太鼓の達人ぐらい?)

全体的なデザインはポップ&キュートな感じで、どちらかと言うと女の子が好きそうな甘い感じのビジュアルになっていますね。

3人の可愛い女の子から1人を選択して、横スクロールのステージへと出発し、迫りくる敵キャラをパンチやキックで“タイミングよく倒して”いきます。

要するに本作は、ノーツの代わりに敵キャラが音楽に合わせて飛んでくるのを、攻撃で打ち払うって感じのリズムゲームなんですね。

キャラ要素はありますが、ソシャゲ的な育成とかガチャは無いので、お気軽に遊べます。

楽曲はボーカル入りやインストがありますが、開発・リリース元が中国?の会社なので、ボーカルは中国語?のものがいくつか入っています。

でもまあ、可愛い感じの曲なので言語とか別に気にならないっす。

ちなみに本作はニンテンドーswitchでもダウンロード版のみで販売されています。

可愛らしい世界観が気に入ったらぜひとも買ってみてくださいまっせ。

Muse Dash

Muse Dash
開発元:X.D. Network Inc.
¥150
posted withアプリーチ

 

13:グルーブコースター2オリジナルスタイル

1本の線が紡いでゆく宙(そら)を翔けるコースター系リズムゲーム。

コースター系リズムゲームってなんだよって感じなんですが、まあ、本作は“1本の線上に設置されているノーツをタイミングよく取っていく”音ゲーなんです。

要するにその1本の線がジェットコースターとかのコースターに見えるってことっすね。

他の音ゲーと比べるとレーン数が1つしかないことになるので、「簡単なんじゃね?」って思うかもですが、難易度が上がっていくと結構難しいです(笑)

先ほど紹介した『Protocol:hyperspace diver』ほどではないのですが、本作も“画面がグルグルと切り替わり、立体的な空間を感じさせる作り”になっているため、ある程度色々な能力が求められます。

まさしく、“ジェットコースターのようにレーンやノーツがグルグルと駆けまわる”って感じ。

グルーブコースターのグルーブは“グルグル動く”のグルでもあるんですねぇ。

うん、まあ嘘だけど(‘ω’)

ちなみに本作はアーケードでも稼働しているので、アプリが気に入ったらアーケード版をやっても良きかと。筐体がめちゃデカいからプレイするの恥ずかしいけどな。

グルーヴコースター 2 オリジナルスタイル

グルーヴコースター 2 オリジナルスタイル
開発元:TAITO Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

まとめ

内容を軽く振り返りましょう。

おすすめの音ゲーアプリは以下の通り▼

記事は以上です。

おすすめの音ゲーアプリは定期的に更新していくので、面白い音ゲーの情報を知りたい人はこのページか、当ブログのトップページをブックマーク(お気に入り)しておくと良いかも。

当ブログのトップページへ行く

この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
ゲーム
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました