著者のプロフィールはこちら

【失敗しない】switchコントローラーの選び方【6つのポイント】

スポンサーリンク

「switchを買ったのはいいけど、付属しているやつとは別にコントローラーが欲しいなぁ。でもどうゆう基準で選べばいいのかわからないんだよなぁ」

という人のために『switchコントローラーの選び方』を紹介します。

これを読んでからコントローラーを買えば、「ああ!失敗した!別にやつにすればよかったぁぁぁぁ!」ということはほとんど無くなるはずです(`・ω・´)

 

結論から言ってしまうと、以下の6つが重要なポイントです。

  1. 無線型と有線型
  2. ジャイロ機能
  3. アミーボ機能
  4. 充電端子
  5. ボタンの配置
  6. 重量(重さ)

これらのポイントに着目してコントローラーを選べば失敗する確率はぐんっと下がります。

では解説していきましょう(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

買う前に知っておきたいswitchのコントローラーを選ぶ6つのポイント

1:無線型と有線型

コントローラーには『無線型』と『有線型』があります。

無線型はその名の通り、ケーブルをつなぐ必要がないのでスッキリとした形でゲームを楽しめますし、テレビとの距離が多少離れていても問題なくゲームが出来ます。

対して有線型はケーブルをつなぐ必要があるので、配線が少しごちゃごちゃします。

ただ、有線型は充電が不要だったり、バッテリーが内蔵されていない分、重量が軽いというメリットがあります。

どちらでもゲームを楽しむことは出来るので、自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

以下の記事で無線と有線のメリットとデメリットを解説しています(‘ω’)ノ

2:ジャイロ機能

任天堂純正のswitch用コントローラーには『ジャイロ機能』というものが搭載されています。ジャイロ機能に対応しているゲームならば、コントローラーを傾けるとゲームを操作することが出来るというものです。

任天堂以外の会社(サードパーティー)が開発したコントローラーには、このジャイロ機能が搭載されていないタイプもあります。

ゲームを楽しむ上で絶対に必要な機能というわけではありませんが、気になる人はジャイロ機能があるコントローラーを選びましょう。

※ただ、ジャイロ機能はほとんど使うことが無いのでそこまで気にする必要性もないとは思います

 

3:アミーボ機能


『アミーボ』とは、ゲームのキャラクターをモデルとしたフィギュアです。見た目はただのフィギュアですが、それをコントローラーにかざすとゲーム内で特典がもらえたりします。

任天堂純正のコントローラーにはアミーボ機能が搭載されていますが、任天堂以外の会社(サードパーティー)が開発したコントローラーの中には、アミーボ機能が搭載されていないものもあります。

ゲームを楽しむ上で絶対に必要な機能ではありませんが、気になる人はアミーボ機能があるコントローラーを選びましょう。

 

4:充電端子

現在、充電端子は『USB type-C』と呼ばれるものが主流で、switch用のコントローラーもその多くがUSBtype-Cだったりします。

中には『micro USB』というタイプもありますが、現在の主流はUSBtype-Cなので、コントローラーを選ぶ際は充電端子がUSBtype-Cの製品にしたほうが何かと便利だと思います。

また、USBtype-Cは接続する時に裏表関係なく差し込むことが出来るので、他のタイプのケーブルよりも使いやすいと言えるでしょう。

※大体の場合、コントローラーを購入すると専用のケーブルが1本付いていることが多いのでそこまで気にしなくても大丈夫だとは思います

 

5:ボタンの配置

switchは他のゲーム機のコントローラーと比べ、少しだけボタンの配置が変わっています。

多くの場合、左側のスティックは上ではなく下についているのですが、switchだと上にスティックがあり、下には上下左右(十字キー)のボタンがあります。

コントローラーを販売しているメーカーによっては、スティックの配置が、

  • switch型(左スティックが上)
  • プレステ型(左スティックが下)

の2種類がありますが、ゲームをプレイする上では特に影響はありません。自分の好みに合ったものを選びましょう。

※switch型、プレステ型の名称はわかりやすく伝えるために私が勝手に付けました。ご了承ください。

 

6:重量(重さ)

コントローラーを選ぶ上で意外と重要なのは、重量(重さ)です。

自分にとって使いやすい重さは人それぞれ違ってくるので、どれぐらいの重さがオススメなのかというのは一概には言えません。

なので、以下で色々なコントローラーや身近なものの平均的な重さを紹介します。

◆ゲーム機のコントローラー

  • ファミコン(60g)
  • スーパーファミコン(73g)
  • ゲームキューブ(198g)
  • switch:ジョイコン片方(50g)
  • switch:プロコン(246g)
  • プレイステーション(202g)
  • プレイステーション2(157g)
  • プレイステーション3(176g)

◆身近なもの

  • 食パン6枚切り1枚(60g)
  • コンビニの肉まん(100g)
  • 文庫本(150g)
  • 漫画の単行本(200g)
  • リンゴ(250g)

最近のゲーム機のコントローラーは大体200g前後のようですが、switchのプロコンは246gあります。比較的に他のコントローラーよりも多少重いようです。

そこまで重さを気にしない人ならどのコントローラーでも問題はありませんので、あとはデザインや値段などで選ぶと良いでしょう。

※上記のコントローラーや身近なものの重量は平均的なものであり、誤差が生じている場合もあります。ご了承ください。

 

スポンサーリンク

まとめ:自分に合ったコントローラーでswitchを楽しめっ!

  1. 無線型と有線型
  2. ジャイロ機能
  3. アミーボ機能
  4. 充電端子
  5. ボタンの配置
  6. 重量(重さ)

以上の6つのポイントから自分に合ったコントローラーを選ぶようにすれば、ほとんど失敗することはないと思います。

ただ、これらのポイントから考えて一番オススメできるコントローラーを1つだけ紹介するならば、断然『任天堂純正のプロコントローラー』ですね。

他の会社(サードパーティー)が開発しているものと比べると価格は高いのですが、任天堂が公式で開発・販売を行っているので、コントローラー自体のクオリティは他の製品よりもズバ抜けて高いです。

安心・安全・ハイクオリティを求めるならばプロコン1択でしょう。

 

【任天堂純正品】Nintendo Switch Proコントローラー
Amazon 楽天市場
セブンネット 公式サイト

 

ただ、「うーん、でもやっぱりプロコンは高いしなぁ……」って人は、Dinofireというワイヤレスコントローラーをオススメします。

握った時のフィット感や安定感が抜群で操作性も良く、なによりも純正プロコンと同じぐらいの重さ(10グラム差)なので、プロコン代わりにはちょうど良いんです(`・ω・´)!

詳しくは下のレビュー記事をどうぞ。メリットもデメリットも詳しく紹介してますよー▼

switchコントローラー『DinoFire』感想・レビュー【プロコン代わりにおすすめ】
先日、今まで使っていたコントローラーが壊れました。 なので仕方なくジョイコンで遊んでいたのですが、いちいちswit...
この記事を書いた人
joker

重度の精神障害と発達障害、ADHD、HSP、小児性愛などを抱えている無職歴10年以上の社会不適合者。

酒に溺れながら絵を描いたり、立体物を作ったり、ブログを書くのが日課。

自殺する予定で生活しているので、ブログの更新が止まったら私が自殺したと思ってください。

※詳しいプロフィールは上に書いてある“joker”をタップ or クリックすれば見れます。

jokerをフォローする
ガジェットゲーム
スポンサーリンク
この記事を拡散する
jokerをフォローする
人生は死ぬまでのひまつぶし
タイトルとURLをコピーしました